2004/07/19

「be found dead」(2004)


 「秋人の不在」を読んだので、土曜日、池袋で「be found dead」を見てきた。30分前に劇場(シネマ・ロサ)をのぞいてみたら、すでに地階から行列が延びている。立ち見はともかく、映画館の通路が座布団で埋まるのには驚かされたことである。

 もともと宮沢章夫の「遊園地再生事業団」により「トーキョー/不在/ハムレット」という舞台が来年に企画されていて、その原作となるのが小説「秋人の不在」、関連した映像作品がこの「be found dead」。その間にリーディングなんかもあるらしい。

 映画は「死体を発見してしまう誰か」を描く20分程の短篇が5本。オシャレだったらどうしようと思っていたが、どれも面白いので1000円は安い。宮沢章夫は第3話と5話を監督。

 1「欲望の旅の果てに」: 体育教師は間が悪い
 2「2話」: サイフはふたつ持とう
 3「イマニテ」: Webデザイナーは汚い仕事だ
 4「オリエンテ・リング」: DVDはすごい
 5「川」:

 5話めの最後。夏の朝、利根川に浮かぶ女性の死体は「秋人の不在」冒頭につながる。小説からの朗読が入り、それが鳥肌ものの読みかたでよかった。当たり前だけどプロはすごい。
《自分がどうしてこんな場所にいるのかすでに記憶がなかったし、過去の記憶のほとんどが消えてもいて、どこから来たのかも知らず、どこで生まれたのかもわからず、ただ子どものころ父親に手を引かれていたことだけが記憶のなかにぽつんと忘れ去られ置かれているように思うと、すべて消えてしまい忘れてしまった過去のなかに、忘れ去られることすら忘れられて残されたのが父の手だと思い、そのことが言葉の戯れのようだと思って笑いもするが、けれど、自分の口をついて出てくる言葉たちはいったいどんな場所からやってくるのかわからず、どこで覚えたものやらそれだけが不思議で、あの夜、人が大勢集まっていて、火が燃えていた夜のなか、とりどりの、花の飾りに、つつまれて、恋い慕う、涙の雨に、そぼぬれて、辿り行く、墓場の道の、迷い路の、と口にしたこともまた、なぜそんな言葉が口をついて出たか、そんな言葉をどこで知ったのかわからぬが(…)》



be found dead トーキョー/不在/ハムレット [DVD]be found dead トーキョー/不在/ハムレット [DVD]
(2005/01/24)
不明

商品詳細を見る

コメント

非公開コメント