--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/04/04

その43 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


(1)語りの声・地の文は、すべてを知っている時点から語る
  (今後の展開をちらちら予告するように情報が小出しにされる)

(2)語りの声は、起こった出来事(起こる出来事)を関係付けて整理する
  →読者が知るようになる小説の内容は語りによって構成されたもの

 ふたつの前提はどちらもしごく当然のことで(だから前提という)、事実、多くの小説はこれらを踏まえて書かれ、読まれているにちがいないが、それなのにあらためてこのように取り出してみると、語りというのがずいぶん不自然なはたらき方をして小説をつくっているように思えてくる。
 ストーリーの展開に読者を引き込んでページをめくらせる上手な小説は、こういう不自然さをできるだけ隠そうとするだろう。もちろん、これらがどんな小説にもついてまわる「しごく当然」な不自然さである以上、隠しきるのは困難で、だからそれを不自然だと気付かせない方向に努力が注がれるのではないかと思う。

 それなのにピンチョンは、この第3章冒頭で、これらの不自然さをわざわざ見せつけ、読者が「語りの前提」を意識するように語っている。こうもあからさまに仕掛けられれば、鈍感な人間でもさすがにつまずいて「なんか変」と気付くことになる。上手な小説を読み慣れた読者であれば、なおさら引っかかりを感じるだろう。

 ここまで「不自然」「不自然」と言ってきたが、この「語りのもつ不自然さ」は、「小説のつくりものくささ」と言い換えることができる。
 しかし、あなたの読んでいるこの物語はつくりものですよ、みたいな言わずもがなのメッセージを伝えるためにピンチョンが変な書き方をしていると考えるのは、いくらなんでもつまらない。
 ここでは、これまで3回にわたって述べてきた「つくりものくささの強調」が、第3章の冒頭、長めとはいえわずか数行しかないたった一文きりの仮定法の中で、折れ曲がった急な階段を駆けあがるように達成されていること、すなわちピンチョンの文章の速さ、スリリングさそれじたいに見惚れていればいいような気がする。
 これからも不意をついて繰り出されてくるだろうそういった文章にいちいちつまずき、ためつすがめつしながら並べていくうちに、この作家独特の書法が浮かんでくるかもしれない。これは期待である。
 Things then did not delay in turning curious. If one object behind her discovery of what she was to label the Tristero System or often only The Tristero (as if it might be something's secret title) were to bring to an end her encapsulation in her tower, then that night's infidelity with Metzger would logically be the starting point for it; logically. (p31)

《それ以後、事態は遅滞なく奇妙な方向へと発展することになった。エディパが〈トライステロ・システム〉あるいは、しばしば単に〈ザ・トライステロ〉と(まるで何かの秘密の暗号であるかのように)呼ぶようになるものを発見した背後に一つの目的があって、それが彼女の塔に幽閉されている状態に終止符を打つことであると想定するならば、あの夜のメツガーとの不倫こそ論理的にはその出発点になると言えよう――論理的には。》p51/p57

 読者はこの冒頭でTristeroという言葉を押し付けられ、そういうものがこれから出てくると強引に知らされた。しかしエディパはまだ知らない。Lot 49 で彼女がはじめて〈トライステロ〉という名前に出遭うのは、ここから27ページもあとなのである。

…続き

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。