--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/04/03

その39 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


■ 第2章で考えた

 探求を始めたエディパ。ピアスが遺したものの全体像はまださっぱりつかめない。
 しかしテレビのCMとメツガーの説明によれば、遺産はどうやら地所や会社のかたちでサン・ナルシソ一帯に広くゆきわたっているらしい。

 この章のエディパは、“あらかじめ決まっているものごと”を“何者かの陰謀”として感知し、おそれるが、それは彼女じしんの被害妄想なのかもしれない。
 いっぽうで彼女は、その“あらかじめ決まっているものごと”のひとつである映画の筋を使って弄ばれてしまった。もうちょっと詳しく書いておく。

 ○ ○ ○

 ものごとのうしろに“すでに決まっているプログラム”とか、“あらかじめ秘められた意味”があるのでは? と感じるエディパは、そういったものそのものよりも、むしろそれが自分には見えないという点に脅威をおぼえる→その30
“計画”や“隠された意味”へのこの過敏な反応が、「自分のまわりには何か陰謀があるんじゃないか」という疑いにつながる。たしかに、元俳優が部屋にやってきた夜にその出演作をテレビで見ることになるという状況は、「すごい偶然だ」と片付けられるものではない。疑う理由はあった→その22
 注意すべきは、この「陰謀があるんじゃないか」という疑いが、疑い以上のものにならず、いまのところエディパの思い込み・被害妄想に発するものとして読めるように書かれていることだろう。

 だからここまでで言えるのは、エディパは“何者かの陰謀”を妄想のかたちで感じ取っている、ということになる。
 エディパは自分の妄想のうちに“何者かの陰謀”をつくりあげている、とまで言い切ったらいきすぎである。陰謀は、実在するとは書かれていないが、実在しないとも書かれていない。どちらか判断するのはまだ早い。

 自分の知らない“あらかじめ決まっているもの”をおそれるエディパが、映画の終わり方について賭けをするにいたる展開は、ひどく皮肉に見える。映画の筋は、それこそ「もうできあがっている」からだ。そこはエディパも意識していたはずである→その27
 しかもこの場合、賭けをする相手のメツガーは、当の映画をよく知っている。メツガーは知っていて、エディパは知らない。この対比は何度か強調されていた→その25その26

…続き

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。