2019/01/23

2019

nausicaa20190101

 日は昇り、日は落ち、また1年が経って、またナウシカを読んだのでtogetterのまとめを更新しました。

 正月の漫画のナウシカ:2010-2019
 https://togetter.com/li/294814

 ツイッターでつぶやきながら読むのは今年で10回めになる。
 最初に3回ぶんをまとめたとき、何の気なしに自分で《こういうものは10年ぶんくらい重ねて、もっとゴチャゴチャにしないと味が出ないのかもしれない。》と書いたのをわたしはおぼえているのだが(そういう人間だからこういうことをやっているのだが)、本当に10年ぶんを重ねることになろうとは、当時、思ってもいなかった。かといって、そのうちやめちゃうんだろうと予想していたわけでもなかった。何も考えていなかった。もう数年したらツイッターというサービスも下火になって、次の何かに移るんだろうなと思っていたのはおぼえている。自分が思うことなんて、何の当てにもならないものである。
 それにしても、2010年の元日に「これから10年ぶん続けよう」と決心して始めた(なぜ?)り、「これから10回続けるように」と言われて始めた(だれに?)のだったら、まずぜったい、続いていなかったにちがいない。そしてその場合、「続かなくなった」イコール「挫折した」ということになる。
 じっさいには、今年もやった、今年もやった、を繰り返しているうちに10回やっていただけで、目標も計画もない以上、「続けた」「続いている」感じも特にない。だからやめても「挫折」にさえならない。
 何をどうするつもりもない状態で、始まりから結末まですべての展開を知っている漫画を読み直すという作業。それにより1年を惰性で/惰性から始める――でもほんとうにそれだけだったら、いま書いているこの言い訳みたいな文章も必要ないように思うが、自分が思うことなんて、何の当てにもならないものである(2回め)。
 2010年の1月後半、土曜か日曜かの寒い夜、10人くらいで連れ立って高田馬場の駅前の横断歩道を渡っているときに、わざわざ「あのナウシカ実況は面白かった」と声をかけてくれた先輩には、こんなことになってしまって申し訳ない気持でいっぱいだ。

■ リアルタイムで進行していく現実の出来事や、決まった時間で流れていく映像作品はおのずと「実況」を生むけれども、個々人が個々人のペースで読み進めていく小説とか漫画でも、「あたまから順に、えんえんと書いていく」という感想の述べ方も「ある」のじゃないかと思う。自分1人が読むことだって、リアルタイムで現実の出来事なのだから。

■ 毎年、帰省している正月は、実家に置いてある宮崎駿の漫画版『風の谷のナウシカ』(徳間書店)をはじめから終わりまでぜんぶ読み返すことにしている。いつから始めたかも思い出せない、年に一度の恒例行事。2010年からは、読みながら感想をツイートするという誰にも頼まれていない行動に出ており、それでつぶやいてきたこれまでの分を一本に統合するとどんなものになるのかという興味から、自分でまとめてみた。
 最初、2012年までの3年分をひとつにしたときには、いかにもスカスカしていた。それから毎年追加していくうちにどうなったか。

 繰り返しが多くなった。

 いちおう「去年までとは別のことが言えたら言おう」というつもりがないわけではないものの、去年までにつぶやいた分はとっくにおぼえていられない量になっている(ツイートしている最中にこのまとめを確認するようなおそろしいことはしていない)。
 加えて、こちらのほうが深刻だが、同じ自分が同じ漫画を読む以上、どうしても触れたい場面や台詞がたくさんある。あるどころか、増えている。
「風の谷の私が 王蟲の染めてくれた土鬼の服を着て トルメキアの船で出かけるのよ」、「お前が私の死か…」、「ヒヒヒ…スゲエ」。あるいは、「オジルというイヤな奴」、「焼きしめたパン」、「ルンペン剣士」。風の谷を発つナウシカが城を見下ろす。無数の人馬がページの上を縦横無尽に疾駆するサパタの戦闘シーン。清浄の地へ行って帰るルートの不可思議さ。
 こういった自分にとっての名場面・名台詞は、読むたびに何度でも、何かしら言ってしまう。これらに「何か言う」ことが「読み返す」ことなので、これはどうしようもない。
 結果として、多弁なわりに多様ではない、長いけれど深くはないまとめになっている。この漫画への理解が向上したとか、実のある話にはぜんぜんなっていないが、そもそも、そういうことを目指しているわけでもなかったのは上述の通り。
 それでも、同じ人間が同じ漫画を繰り返し読むうちに、「つぶやく感想を持つところとまだ持たないところがある」だとか、「同じところへの感想でも、前とは変わる場合と依然として変わらないままの場合がある」とかいった、自分がひとつの作品を受け取る、その受け取り方にムラができていく、たいていは無自覚なまま起きているのだろう変化の過程をちょっとだけでも写し取れているようで、それは予期していなかった意外な収穫と言えば言えるのかも――と、後付けでいま思った。そのほか思ったことは、その都度ぜんぶ、書き込んである。 (…続き)



風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 11,652

風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 9,496

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 10,795

風の谷のナウシカ 4 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 7,135

風の谷のナウシカ 5 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 12,611

風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 7,266

風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7
posted with amazlet at 19.01.23
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 5,849

コメント

非公開コメント