--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/04/09

その116 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


 まさかの永久機関〈ネファスティス・マシン〉を発明したジョン・ネファスティスの住所は電話帳に載っていた。
She then drove to a Pseudo-Mexican apartment house, looked for his name among the U.S. mailboxes, ascended outside steps and walked down a row of draped windows till she found his door. (pp83-4)

《それからメキシコ建築ふうのアパートに着いて、並んでいる郵便受けに彼の名前を探し、外の階段をのぼってカーテンのかかった窓の列に沿って歩き、ついに彼の部屋のドアを見つけた。》p128/p145

 ここで下線を引いた部分が、たんに"the mailboxes"ではなく"the U.S. mailboxes"(合衆国郵便)と詳しく書いてある点を注釈書は見逃さない。「その96」で、コーテックスとネファスティスは「WASTE印」の関係する何らかの通信方法を行っているのではないかとエディパはにらんでおり、それを確かめるのがバークレーまで来た目的のひとつだったのだ。
 ここでは公式な政府の郵便を使っているのがわかったが、地の文がそう強調するのはかえって思わせぶりに映るとも言える。

 装置の中にいる〈マックスウェルの悪魔〉と交信して箱の中の分子を選り分け、エネルギーがないところからそれを作り出し熱力学の第二法則を突破する。マシンの(むちゃくちゃな)原理は「その91」以降で大まかに紹介されていた。これからいよいよ実物がお目見えするわけである。
 Introducing herself, she invoked the name of Stanley Koteks. "He said you could tell me whether or not I'm a 'sensitive'." (p84)

《自己紹介してから、エディパはスタンレー・コーテックスの名前を出した。「あなたなら私が『霊能者』かどうか教えてくださるだろうって言われたんです」》p128/p145

 ここでいう "sensitive" が、マシンを動かすのに必要な、悪魔と交信できる「高い感度を持った人間」の意味であるのは「その93」で触れたとおりだが、
you could tell me whether or not I'm a 'sensitive'.

 この文字面だけ見ると、エディパはまるで「私が気にしすぎなのかどうか、ありもしない企みを妄想のかたちで感じ取りやすすぎるのかどうか、それをあなたが教えてくれるのではないですか」と期待を寄せているかのようで面白い。
 というのは、さっそく奥の仕事部屋からマシンを出してきたこの男じしんが紛れもないマッドサイエンティストで、自分の正気をはかる大事な判断を預けるうえで、不適格といったらこれほど不適格な人間もいないはずだからだ。視野狭窄のエディパはしかし、まだそんな雰囲気を「感じ取って」はいない。
 He began then, bewilderingly, to talk about something called entropy. The word bothered him as much as "Trystero" bothered Oedipa. (p84)

《すると、彼がエントロピーということについて話し出したので困ってしまった。エディパが〈トライステロ〉という言葉にこだわっているのと同じくらいに彼はエントロピーという言葉にこだわっていた。》p129/p146

 マシンをめぐる話がいっそうややこしくなるのはここからである。

…続き

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。