2004/04/08

その111 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び

前回…] [目次


 何世紀にもわたって〈テュルーン、タクシス〉の敵であり、そして切手を偽造してきた集団がいるのではないか、と2ページちょっとでまとめて喋ったあとで、コーエンは押し黙ってしまう。どうやら、自分の口から出た可能性におそれを抱いているようだ。
 W・A・S・T・Eの頭文字についてエディパが訊いても答えてくれず、そして丁寧に、こんなことまで書いてある。
She'd lost him. He said no, but so abruptly out of phase now with her own thoughts he could even have been lying. (p79)

《もう彼は手の届かないところへ行ってしまった。彼は、知りませんと言ったが、彼女じしんが考えていることとは、にわかに位相を異にしていたから、嘘をついているとも思われた。》p122/p137

 少し前にファローピアンに話を聞いたとき、彼も最後は曖昧に言葉を濁して逃げており→その105、エディパはエディパで徹底的に問い詰めることはできないでいたのだった。ここでも、彼女の聞いた話はウソかもしれない、と含みが残せるように登場人物の心理が調整してある。
 うまいんだけどズルいのじゃないかという読者の気持にお構いなく、コーエンはエディパのグラスにタンポポ酒を注ぎ足す。この酒は、季節がめぐってタンポポの咲く季節になると発酵を始めるという。「まるでタンポポに記憶があるみたいなんですよ」。
 No, thought Oedipa, sad. As if their home cemetery in some way still did exist, in a land where you could somehow walk, and not need the East San Narciso Freeway, and bones still could rest in peace, nourishing ghosts of dandelions, no one plow them up. As if the dead really do persist, even in a bottle of wine. (p79)

《ちがうわ、とエディパは思った。悲しかった。まるでタンポポのふるさとの墓地が何らかの形でいまも存在しているみたい、と言うべきだわ。どこか、ひとが、ともかく歩ける国、そうして東サン・ナルシソ高速道路などを必要としないところ、そうして骨がいまも安らかに眠っていて、タンポポの幽霊に養分を与え、骨を掘り起こす者などいない国で・・・・・・まるで死者がほんとうに生きつづけている、酒瓶の中にさえ生きつづけているみたい、と。》p122/pp137-8

 自分が今いる世界とは異なった、別の世界をエディパは幻視している。そんな場所が「あるみたい」、と。これを、可能性の中に潜む世界、ととらえれば、自分には触れられない真実→その107の属する世界や、あるいはそれこそ〈テュルーン、タクシス〉の敵が活動している世界といった、この章で急に活性化してきた“別世界”たちが思い浮かぶ。
 そして“別世界”が活性化するというのは、そういったものへのエディパの感度が強化されたということでもある。

 ともあれ、この玄妙な名文で第4章は終わる。WASTE印を落書きしていたコーテックスに始まり、史碑や指輪、そして何より偽造切手といった、具体的で手に取れる手掛かりが次々にエディパのもとへ集まってきて、それらの手掛かりが指し示すのは黒衣の集団、とまとめられそうである。
 それだけなら、どんどん謎を追いかけようと一直線に進んでいきそうなものなのに、並行してエディパの中では、探求を探求として成り立たせなくする変化も起きて、話を複雑にしている。「手掛かりを結ぶ秩序は(見つけるのではなく)私が自分で創るものだ」→その100、「いや、そもそも真実なんて私には知覚できないものなのでは・・・」→その107~108

 探求を進める方向と、探求をいわば解体する方向。ふたつの方向を行き来する往復運動でLot 49 は進んでいくようだ。
 いま、一歩引いて読者として考えてみると、なんとも不思議なやり方で動力を取り出してくる小説であることだなあと感心するが、いっぽうで、主人公の心労は察するに余りある。
 小説はあと半分だ。

…続き

コメント

非公開コメント