趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
その100 ― ピンチョン Lot 49
競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

前回…] [目次


 エディパはモーテルに帰り、ザップフ古書店で買った『ジェイムズ朝復讐劇』をざっとめくってみる。『急使の悲劇』の第四幕で、1回だけ「トライステロ」の語が発される部分→その77を探すと、鉛筆で「一六八七年版の異文参照」と書き込みがしてあった。
In a way, it cheered her. Another reading of that line might help light further the dark face of the word. (p72)

《それを見てエディパの気持はいくらか明るくなった。その行の異文を読んだら、この単語の不可解な表情に光を当てる助けとなるかもしれないからだ。》p110/p124

 探求する気は満々なのである。だから前回の「ためらい」が余計奇異に映るのだ。
『ジェイムズ朝復讐劇』についてはもっと様々なことが書いてあり、それがかえって、異文をめぐる話がごちゃごちゃしたものになっていくのを予告しているようだから、ここでメモしておく。

・収められたテキストは、出版年不明の二つ折り版からとられたものだと序文に書いてある
・しかし、序文を書いた人の署名はなく、誰が書いたかわからない
・このペーパーバックのもとであるハードカバーは、『フォード、ウェブスター、ターナー、ウォーフィンガー戯曲集』という大学教科書で、カリフォルニア州バークレー市にあるレクターン出版社から出たもの(1957年刊)

 出版社がバークレーにあるのなら、直接自分で行ってみようとエディパは決める。というのは、この第4章のはじめでスタンリー・コーテックスから聞かされた〈ネファスティス・マシン〉、あの発明者であるジョン・ネファスティスもバークレーに住んでいるはず→その94だからである。会うつもりなのだ。
 やはり彼女のやる気は充分で、どうしてそういう気持になったのか、前回見た史碑の発見に至る流れが説明されている。
 She had caught sight of the histrical marker only because she'd gone back, deliberately, to Lake Inverarity one day, owing to this, what you might have to call, growing obsession, with "bringing something of herself" --- even if that something was just her presence --- to the scatter of business interests that had survived Inverarity. (p72)

《彼女が史碑を見つけたのは、思案のあげく、ある日インヴェラリティ湖にもう一度行ったからで、それは、何と言うか、妄想とでも言うべきもの――インヴェラリティの死後に残った、あちこちに散らばっている事業に対して「自分の一部を差し出す」(たとえその一部というのが、ただそこへ行ってみるだけのことであるにしても)という妄想――のせいであった。残った事業に秩序を与えよう、いくつかの星座を創ってみよう、と思ったのだ。》p111/p125

 自分の一部を差し出して、ピアスの死後に残った事業に秩序を与えよう、とは、あちこちに散らばった手掛かりを自分の手と脚と目と耳と鼻を使って収集し、そこにつながりを見出そう、ということだ。星座を創る。これは第4章の冒頭、「その89」で引用した部分の語り直しである。再掲する。
  For one thing, she read over the will more closely. If it was really Pierce's attempt to leave an organized something behind after his own annihilation, then it was part of her duty, wasn't it, to bestow life on what had persisted, to try to be what Driblette was, the dark machine in the center of the planetarium, to bring the estate into pulsing stelliferous Meaning, all in a soaring dome around her? (p64)

《とりあえずエディパは遺言状をもっと綿密に読み返してみた。みずからが消滅したのち何か組織化されたものを残すというのが本当にピアスの意図したことだとすれば、残存しているものに命を与えること、ドリブレットと同じようなものになろうとすること、プラネタリウムのまんなかの黒い機械になって、ピカピカと脈動する星座のような〈意味〉に遺産を変えてしまうこと、自分を包んでそびえるドームの中のあらゆるものを扱うことこそ自分の義務の一部ではないか。》p99/p111

 あのときも書いたことだが、まず手掛かりを集め、集まったものに自分で意味を充填しようと彼女は考えている。ピアスの残した事物は、それだけでは死んだモノにすぎないが、モノとモノとのあいだに線を引き、つながりを創ることでそれらは息を吹き返す。
〈意味〉というつながりは、「見つける」のではなく「創る」ものであること。あるいは、「見つける」とは「創る」であること。
 その過程をエディパはわかっている。しかしこの自覚は、自分の体を使って調査を続ける探求者当人が持つのには、果たしてふさわしい資質なのだろうか。

…続き
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。