趣味は引用
その95 ― ピンチョン Lot 49
The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


 ジョン・ネファスティスの連絡先をめぐる、エディパとコーテックスの会話の続き。
 She took a chance: "Then the WASTE address isn't good any more." But she'd pronouced it like a word, waste. His face congealed, a mask of distrust. "It's W.A.S.T.E., lady," he told her, "an acronym, not 'waste,' and we had best not go into it any further." (pp69-70)

《エディパは思い切って言う――「じゃWASTEの宛名ではだめなのね」。しかし彼女はそれを一語のように「ウェイスト」と発音してしまった。彼の顔がこわばり、不信の表情だ。「ダブルユー・エー・エス・ティー・イーだよ、奥さん」と彼は言った――「頭文字の組み合わせだよ、『ウェイスト』じゃないよ、こんな話はこれ以上深入りしないでおこう」》pp107-8/p121

 復習する。
 エディパは、少し前にヨーヨーダイン社近くの酒場〈ザ・スコープ〉で、トイレの壁に謎のマークとメッセージ(“カービーにご連絡を。ただしWASTEを通じて。”)を見ていた→その48。いま、社内でそれと同じマークを封筒に描いていたのがこのコーテックスである。
 彼がエディパに気を許し、〈ネファスティス・マシン〉のことを大いに語ってくれたのは、最初に“カービー”の名を出したおかげだっただろう。「その90」の時点ではわからなかったが、コーテックスはあのとき彼女を“通じる人間”だと誤解したのだ。
 ところが、前回見たように、「私書箱五七三」がエディパには通じない。コーテックスとしては、この女は本当に“通じる人間”なのかと――つまり、自分たちの仲間なのかと――疑わしくなってくる。そこにきて、上の言い間違いである。コーテックスの信用を取り戻そうとしたエディパの、痛恨のミスだった。彼は完全に突き放す。
 "I saw it in a ladies' john," she confessed. But Stanley Koteks was no longer about to be sweettalked.
 "Forget it," he advised; opened a book and proceeded to ignore her.

《「じつは、それ、婦人用トイレで見たのよ」と彼女は告白した。しかしスタンレー・コーテックスはもう甘い言葉に乗ってきそうもない。
「そのことは忘れなよ」と彼は忠告して本を開き彼女を無視する態度に出た。》

 正直に白状しても、(もちろん)だめだった。コーテックスとの会話はここで閉じる。それでも、こんなにもきっぱりと彼から拒絶されたことにより、あの輪と三角形と台形でできたマークと「WASTE」なるものに関して秘密を共有する者たちがいるらしいということが、エディパにも読者にも伝わった。

…続き
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する