趣味は引用
その71 ― ピンチョン Lot 49
The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。

 詳しく見ていきたい部分を、いちど丸ごと引用しておこう。
 It is at about this point in the play, in fact, that things really get peculiar, and a gentle chill, an ambiguity, begins to creep in among the words. Herefore the naming of names has gone on either literally or as metaphor. But now, as the Duke gives his fatal command, a new mode of expression takes over. It can only be called a kind of ritual reluctance. Certain things, it is made clear, will not be spoken aloud; certain events will not be shown onstage; thought it is difficult to imagine, given the excesses of the preceding acts, what these things could possibly be. The Duke does not, perhaps may not, enlighten us. Screaming at Vittorio he is explicit enough about who shall not pursue Niccolo: his own bodyguard he discribes to their faces as vermin, zanies, poltroons. But who then wil the pursuers be? Vittorio knows: every flunky in the court, idling around in their Squamuglia livery and exchanging Significant Looks, knows. It is all a big in-joke. The audience of the time knew. Angelo knows, but doesn't say. As close as he comes does not illuminate:

 Let him that vizard keep unto his grave,
 That vain usurping of an honour'd name;
 We'll dance his masque as if it were the truth,
 Enlist the poniards swift of Those who, sworn
 To punctual vendetta never sleep,
 Lest at the palest whisper of the name
 Sweet Niccolo hath stol'n, one trice be lost
 In bringing down a fell and soulless doom
 Unutterable.... (pp55-6)

《じっさい、芝居のここからなのだ、何もかもほんとうに特異な色を帯びはじめ、そこはかとない冷気のようなもの、ある種の曖昧さが台詞の中に忍びこんでくるのは。これまで、名前を名づけるのは文字どおりか、隠喩としておこなわれていた。しかし、いま、公爵が殺害の命令を下すに当たって、新しい表現形態が取って代わる。一種の儀式化された躊躇とでも呼ぶしかない表現形態である。ある種のことどもは声に出して語られないことが明示される。ある種の事件は舞台で上演されない。もっとも、これまでの幕では過度な描写がつづいたので、いったいそんな部分が残っているのかと、想像するのがむずかしい。公爵はわれわれに何も教えてくれない、あるいは教えてはいけないことになっているのだろう。ヴィットリオにどなり散らす言葉は、だれがニコロの跡を追って行かないかについては明白だ。自分の用心棒たちのことを面と向かって、くず、のろま、卑怯者とこきおろすのだから。しかし、それではだれが追って行くのか? ヴィットリオにはわかっている。宮廷の使用人たちはみなスカムリアの制服を着て歩きまわりながら〈意味をこめたまなざし〉を交わし、わかっているのだ。まったく大仕掛けの、内輪の冗談のようなもの。この時代の観客にはわかっていたのだ。アンジェロは知っている。が、言わない。近いところまでは言っても、明らかにはならない――

 あの覆面をつけたまま彼を墓に送ろう
 名誉ある名を簒奪しようとして果たせなかった者
 われらは彼の仮面劇を踊ろう、それが真実であるかのように
 遅滞なき復讐を誓って眠ることなき者どもの
 すばやい短剣をあつめよう
 心やさしきニコロが盗んだ名前のかすかなささやきを耳にして
 一瞬たりともひるむことのないように、恐ろしい、卑劣な
 言語に絶する破滅をもたらすために・・・・・・pp85-6/pp96-7

 長すぎたので、少しずつ見ていくことにする。

…続き
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する