趣味は引用
読めるだけ読むM&D その4
Mason & Dixon

前回…] [目次

 右上に貼ってある書影はペーパーバック版のもので、何種類かあるうち唯一、ハードカバーに似せた表紙のものだ。私も最初はこれを買ったんだけど、単語の意味を書いたりするのに広い余白がほしくてハードカバーを買い直した(絶版だけど、Alibrisで100円ちょっと。送料足して1500円ぐらいだったと思う)。ペーパーバックがいろんな出版社から出るのと、たいていデザインがいまいちというのは、洋書初心者には謎です。


■ 第2章(pp12-3)

 イギリス。田舎の測量士であるディクスンが、王立天文台の助手であるメイスンに送った挨拶の手紙と、それに対するメイスンの返信。ディクスンは「自分は何も知らない田舎者で」、とメイスンにへりくだり、メイスンは「私なんかとても」とこれまたへりくだる。慇懃すぎてとても読みにくい。
 ともかく、一緒に仕事をするよう命じられてしまったので、仕方なく挨拶を交わしている感じ。こうやってお話の中に入っていくわけか。
 ふたりに課された任務は、金星の日面通過を観測するためスマトラまで行くことだった。無茶振りである。


■ 第3章(pp14-29)

(語り手であるチェリーコークは、メイスンとディクスンが初めて顔を合わせた場にはいなかった。あとで聞いた話を日誌に書き留めていて、それをもとに話をしているという枠がまた説明される。今後しばらく、そういう設定なんだと思われる)

 メイスンとディクスンがテーブルを挟んで向かい合っているのはポーツマスの港町、わいわいがやがや騒がしい酒場である。おのぼりさんなのできょろきょろしている様子のディクスンに対し、メイスンは陰があるというか、ちょっとどうかしていて、自分は公開処刑場に毎週通い、首吊り執行人とも親しくなったと自慢し(※ほぼ初対面での会話です)、あれは見るべきだからぜひ一緒に行こうなどとディクスンを誘う。

「田舎に帰って最初に訊かれるのは“死刑を見たか?”だろう」
「“都会もんの言葉がわかったか?”ですよ」

 いまいち、というかぜんぜん、噛み合っていない両者だが、夕闇の降りた酒場には灯りがともされ、肉を焼く煙がたなびいて、船員や娼婦たちの声、馬屋の物音、楽団の調べもにぎやかに、いつの時代を舞台にしても、まったく猥雑な酒場はピンチョンお気に入りの場所である。たしかデビュー作『V.』の最初からしてそんなシーンでした。
 その『V.』にも出てくる登場人物の先祖らしき人物がこの酒場におり、その男こそがメイスンとディクスンのこれから乗る船・シーホース号のえらい船員だったりするんだが、しかし、ここでいちばんインパクトのある登場人物が“喋る犬”なのはまちがいない。
 音楽に合わせて自分のテーマソングを歌い踊りながら登場したこの犬、飼い主のことを訊かれても「私は英国犬、何人も私を所有せぬ」とか答えてみせる。どうしてそんな犬種が生まれるにいたったのかというと、
 犬は食料として人間に飼われていた → 人間は人間を喰わない → 人間に近づけば喰われる危険は小さくなる → その方向で進化 → 喋る犬が誕生、だそうです。
 かくて彼らは尻尾を振るシュヘラザードとして、毎夜毎晩、人間に向かって人間性を説くんだとか。ガラの悪い船員になんか指いっぽん触れさせないこの英国犬、「いまは理性の時代だ」とか言って、自分という存在を禅の公案になぞらえたりもするんだが、それでも、闘鶏場の血の匂いには体が反応している。
 あと、明らかに若い女なのに老女のふりをしている占い師だとか、ひと癖もふた癖もありそうな人間いろいろに会ったのち、ふたりを乗せたシーホース号が出航するのは1761年1月9日(金)だった――

 そうとうに端折ったとはいえ、こんなにごちゃごちゃ書くつもりはなかったんだ(実物からすれば杜撰きわまりないうえ、絶対まちがえている)。読書日記も試行錯誤である。
 科学の徒であるはずのメイスンが、「死」とか「転生」なるものにひとかたならぬ興味を抱いているのがうかがえて、それはなぜなのか、この章の終わりのほうで説明されるんだけれどそれは書かないでおこう。センチメンタルな事情です。
…続き


・ふたりが観測に行かされる「金星の日面通過」について:

 調べたら、というかウィキペディアを見たらこういうことだった。そんな珍しい天文現象があるとさえ知らなかったので、2012年までおぼえておこうと思う。
 リンクをたどってこんなページに行くと、たしかに"The First Transit: 1761 June 6"というところに"Jeremiah Dixon & Charles Mason (Britain)"の項が立っていて、「おお、史実なのだな(そりゃそうだ)」とあらためて納得するのだけれども、史実だけに、そこにこのあとふたりを待つ展開もさらりと書いてあってどぎまぎしたのだった。
 調べるのもよしあしだ。いや、素材を知っておくのはぜったいにいいこと、それはまちがいないんだが、なにしろキリがないわけで、読書じたいも試行錯誤です。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック