2009/12/30

読中日記(20)


前回…

■ ピンチョン『ヴァインランド』が河出書房新社の世界文学全集に入ったのを記念した12/20(日)のリブロ池袋店・佐藤良明トークイベントに行けず、12/25(金)の新宿ジュンク堂・読んでいいとも!ガイブンの輪(ゲスト:柴田元幸&若島正)にも行けなかったばかりか、その後の友達との飲み会にも参加できなかった先週の終りから、ツイッターをはじめてみた。そんな口実は要らないと思った。

 → http://twitter.com/do_dling

「doodling」というユーザー名はとっくに取られており、「dooodling」氏もすでにいた。「doooodling」までいくとヘンなので「do_dling」に落ち着いた。そんな説明は要らないと思った。
 もしかすると、進行中の読書メモみたいなものはツイッターにこそふさわしいのかもしれないが、140字ではろくに引用できないし、なにより、まだ使いかたがわかっていない。


■ ところで、私が保坂和志の小説論を好きで読むのには、

(1)本人の小説が面白いから

 という理由だけでなく、

(2)まえに自分が読んで面白かった小説を、この人も面白いと書いていた

(3)この人が面白いと書いている小説を、自分も読んでみたら面白かった

 みたいなことがたびたびあるからで、(2)にあたるのは、ルーセル『アフリカの印象』だったり、ウルフ『灯台へ』だったり、田中小実昌だったり藤枝静男だったりし、(3)のほうには、青木淳悟柴崎友香福永信磯憲一郎など、現代の日本人作家が当てはまる。
 そんなふうにして読んだ1冊に、岡田利規『わたしたちに許された特別な時間の終わり』(2007)がある。
 これは長めの短篇2作、「三月の5日間」と「わたしの場所の複数」を収めた小説集で、とくに2作目、「わたしの場所の複数」にはほんとにおどろいた。

 夫も妻もフリーターであるらしい若い夫婦、その妻のほうの「わたし」が、バイトをサボることにしたある日、午前中から部屋の布団でごろごろしている。
 携帯をいじり、寝っ転がって体を動かしながら、夫のこと、今の生活のことにあれこれ思いをめぐらすだけと言えばだけなのだが、そこでめぐらされる思いは、携帯のほか、枕元にあるラップトップを通じて他人のブログの中に忍び出し、シーツの上にある「わたし」という一個の体を越えていく――
 こんなふうに書いてもよくわからないかもしれないが、ここにはあれだ、もう何度となく私も味わってきたところの、「まるで知らない赤の他人の、日常をこと細かに綴ったブログを過去ログまでさかのぼって大量に読んでしまったときに生まれる、他人にどっぷり浸った感じ」が、たくみに再現されている。
 大急ぎで付け足すと、それを再現することじたいは目的ではなくて、その「他人の意識に浸かる感じ」が、内向するのではなく外向きに広がっていく導きの糸になって、それこそ保坂和志もたびたび言っているような、わたしの「わたし」が、わたし個人の中にいつでも必ず収まっていなくちゃならないわけではないんじゃないの、という立場が、静かに過激に実践されているのだと思う。

「わたし」をはみ出すわたし。わたしからも常識からも外に出てみる、出れることを示してみる。

 かえってよくわからなくなっている説明である気がするが、これは、「わたし」の思いもブログの文章も同じ文字で表されてしまう小説というものだからこそ、びっくりするほど効率的にやれた実験なんだと思うし、「わたし」「わたし」と書きすぎて、私はいま「わたし」が文字に見えないゲシュタルト崩壊を起こしているのだが、この小説のなかでは、常識的な意味での「自我」とか「内面」がゆるく崩れていく。いや、崩れるのではなく、広がっていく。
 錯乱の気配などみじんもなく、そこではただ自然に、「わたし」はシーツに寝そべったまま、遠く離れた場所の夫を、たしかに見ている。そんなことが可能である小説が、ここにできている。「わたし」が広がることで、小説も広がったのだと思う。そこに、この小説のほかではありえないラストが来るのだ。

 その「わたしの場所の複数」が収められた、『わたしたちに許された特別な時間の終わり』が、せんじつ新潮文庫に入った。ためしに読んでみてほしい。なにしろ、380円なのである。


わたしたちに許された特別な時間の終わり (新潮文庫)わたしたちに許された特別な時間の終わり (新潮文庫)
(2009/12/24)
岡田 利規

商品詳細を見る


(続く)

コメント

非公開コメント