2008/10/18

ちょっと追記


 こないだ読んでたまげた『モレルの発明』、なんでいま新装版なのかと思ったが、ググっててわかった。
 たぶんこれ、この、クエイ兄弟の新作映画がきっかけ。
 
「ピアノチューナー・オブ・アースクエイク」→公式サイト音が出ます
 
 原案が、『モレルの発明』+『ロクス・ソルス』(レーモン・ルーセル)だと書いてある。それに合わせた新装版と見た。
『ロクス・ソルス』! あれもまた、見苦しいほどすすめたくなる小説。決して読みやすくはないのを我慢して読んでいくと、次第にどの一文を見ても多幸感に包まれるようになるタイプの。
(それなのに私は、いまだに『ロクス・ソルス』というタイトルがちゃんとおぼえられないのだった。さっきも『ルクス・ソルス』と書いていた)

 公開は10月18日(土)、って今日か。これは行く。きっと行く。いつ行こう。

 しかしながら、このふたつが「原案」では、どんな映画もありえると思った。


モレルの発明 第2版 (フィクションの楽しみ)モレルの発明 第2版 (フィクションの楽しみ)
(2008/10)
アドルフォ・ビオイ・カサーレス

商品詳細を見る


ロクス・ソルス (平凡社ライブラリー)ロクス・ソルス (平凡社ライブラリー)
(2004/08)
レーモン ルーセル

商品詳細を見る

コメント

非公開コメント