趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ディフェンスがもう出るよ

 8月の最初のころからずっと『百年の孤独』を読み返していて、電車のなかでしか読まないので1日数ページずつしか進まなかったのが、それでもさっき、あと10ページまでこぎつけた。アウレリャーノ・ブエンディーア!


■ ウラジーミル・ナボコフ『ディフェンス』の、改訳新装版がそろそろ出る
 
 もう出ているのかもしれない。若島正訳、河出書房新社→書影あり
 べつだん分厚くもなく、読みにくくもなく、それでいてあれはほんとうにすごい小説だと思うので、ぜひ読まれたい。旧版で読んだとき、「不器用だけど一生懸命」というナボコフがきっといちばん嫌ったであろう態度で感想を書いていたので、一応リンク。3年前か……
  → ウラジーミル・ナボコフ『ディフェンス』(1930,1964)

『ロリータ』のほうが豊かだし、『青白い炎』のほうがエンターテイメントしてるけど、『ディフェンス』も何かの結晶なのはまちがいない。その何かがいいものか邪悪なものかはともかく。


■ あと今月買わないといけないものはなんだろう
 
 9/22 黒田硫黄『大金星』(講談社)
 9/25 リン・ディン『血液と石鹸』(早川書房)
 9/29 保坂和志『小説、世界の奏でる音楽』(新潮社)
 
 しぼりにしぼってこの3冊。なぜしぼらないといけないのかと。理不尽。


■ 今週末-来週の早稲田松竹
 
 公開時にそれぞれ話題になって、見たいなあと思いながら見に行けなかった2本が、早稲田松竹でまとめて上映される。
 
 9/20-9/26 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」+「ノーカントリー」
 
 しかし158分+122分てなあ。単独でも見応えがあるから話題になったんだろうに。体力のある人がうらめしい。どうするか考えつつ、これから部屋で『百年の孤独』を読んでしまおうと思う。アマランタ・ウルスラ!
コメント
この記事へのコメント
新訳?
こんばんわ&初めまして。おはなと申します。ナボ若葉マーク。さっきディフェンスのすてきな感想文も拝見致しました。
これって新装じゃなくて新訳なんですか?注釈がばんばんつくとか?
もう注文もできるみたいですね。
残念なことに私はチェスを知りません。楽しみ3分の1カットというところでしょうか。くすん。
2008/09/21(日) 02:09:25 | URL | おはな #ENC4jB1Y[ 編集]
こんにちは
新装版、いま読んでいるところです。全面的な改訳ではないようですが、「訳者解説」によると

《今回の改訳にあたっては、旧版で不満足なところにかなり手を入れた。この訳者解説も、ほぼ全面的に書き直したものである。》p277

とのこと、あの旧版で「不満足なところ」があったのか、とおどろきです。
(どこに手が入っているのか、読み比べてみないことには、私にはわかりません)
『ロリータ』文庫化に際してのような注釈はありませんでした。

> 残念なことに私はチェスを知りません。楽しみ3分の1カットというところでしょうか。

私もチェスを知りません。知ってればやはりもっと面白いんだと思います。
それでも、「もっと面白い」のが想像できないくらい面白く読めたので、おすすめです。
2008/09/22(月) 02:31:39 | URL | doodling(若葉) #OtUrN.LY[ 編集]
『100年の孤独』
はじめまして!
『100年の孤独』は、どの様な色彩、交響曲・・なのか・・それとも、形が形成不可能な状態なのか・・それとも とびきり 優雅で手の届かない華美で貴重なある種の経験なのか・・だから、求めるべきなのか・・だから、表象と内実は相関関係ではないから、「ほっとけばよくて、なるようになるさで、極上の世界が自ずと、察知したり、あらわれるから、生きてることはそれ自体過程が、答えである!ということ」かなと、『100年の孤独』を、読む前に、とんでもない方向に想像してしまったのでした!
2008/10/14(火) 07:44:49 | URL | miki1 #-[ 編集]
こんにちは
> 読む前に、とんでもない方向に想像してしまったのでした!

想像して想像して期待をパンパンにふくらませたあとに、実物を読むのが楽しいですよね。
『百年の孤独』はとりわけそんな小説だと思います。
2008/10/18(土) 02:52:42 | URL | doodling #OtUrN.LY[ 編集]
!双方向カンヴァセーションではなくコミニケーション!の成立!ヲシタトコロデ、『100年の孤独』『孤独好き』には、たまらないというか、政治経済色が出ていたら、おもしろみにかけるな!とかと、「想像して想像して期待をパンパンにふくらませ」→「想像して落胆して想像して落胆して期待と不安をパンパンにふくらませ」たのでした。
2008/10/24(金) 08:24:25 | URL | miki1 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。