--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/03/21

対談ふたつ

■ さっき知った話。
 2週間ちょっと前、大江健三郎と伊集院光がトークをしていた。
 トークというか、伊集院のラジオ番組「日曜日の秘密基地」に、大江がゲスト出演したという。知らなかった。知っていたとしても、うちにはラジオがないので聞けなかった。でも、ググってみると記録してくれているブログがあった。ほかの人を介して、というクッションが、この話の内容だとかえってふさわしい気もする。

 大江健三郎v.s.伊集院光1「M17星雲の光と影」
 http://plaza.rakuten.co.jp/norimasa1718/diary/200803030002/

 大江健三郎v.s.伊集院光2 (同)
 http://plaza.rakuten.co.jp/norimasa1718/diary/200803030001/


■ 何の関係もなく、こっちは去年の11月に行われたトークショーの再録。

『灯台守の話』刊行記念 岸本佐知子さん・清岡智比古さんトークショー
 http://www.hakusuisha.co.jp/topics/talk0711_1.php
清岡:これを言うとみんなから「おまえは馬鹿だ」って言われるんですけど、私も本当にね、自分に習いたかった(笑)。

 やたら面白い。「窓から落とされる語学」。行けばよかった。この記事、2ヶ月くらい前に白水社のメルマガで知ったんだけど、いま白水社サイトに行っても見つからない。もしかして秘密なのかと思ったが、はてなブックマークなんかにも入っているんだから貼っていいだろうと判断。
 
 そういや最近、トークショーの類に行ってないなと思ってメールを調べてみると、今年に入ってから、青山ブックセンターのイベント情報メールが一通も届いていなかったことがわかる。登録し直す。なんだったんだろう。
 
 あと、こんなイベントもあったらしい。

 シンポジウム「トム・マシュラー 出版の極意を語る」「JLPP」)
 http://www.jlpp.jp/news/detail.html?n_id=51&n_type=1

コメント

非公開コメント

イベント

トム・マシュラーのいってきました。リンク張ってあるやつの翌日の方ですが。
J・ルービンが芥川の短編をひきながら、冗談っぽく「つまり宗教が人類に与えたものとは、希望的観測をいだく力と、マスヒステリーの二つですね」というようなことを言ったのですが、その後の質疑応答の時間、聴衆の一人(外国人)が壇上の近くまできて、ものすごい勢いで宗教の偉大さを語り始めました。それを冷静にさばく柴田元幸は格好よかったです。
あ、宗教ネタまずかったら消して下さい。

あいかわらず

活動的ですごいなあと思います。
トークショーでの質疑応答なんかを聞いていると、
あたまの回転が速いというのはこういうことかと感じ入ります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。