趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドラクエIII 日記 その2


 家帰る → フロ → ごはん → 大急ぎでネットなど → ドラクエⅢ。
 先週はこのようにたいへん規則的な1週間だった。繰り返しの力は強い。毎日のニュースのせいで餃子が食べたくなっているのは私だけではないと思う。

■ 2月7日(木)
ポルトガ → 抜け道 → バハラタ → 人さらいの洞くつ(またお前か) → くろこしょう → ポルトガ → 船!
→ 調子に乗ってジパング遠征 → やまたのおろちに全滅

・友達B:「なんで初プレイの人はこぞって真っ先にジパングへ行くんだ? そしておろちに喰われる。世界はあんなにも広いのに」。
・ダーマの神殿も見つけたが、まだだれも転職できない。
・てか、どう転職させるのが効率よいのか。ふとんのなかで考えながら寝る。


■ 2月8日(金)
海賊のすみか → ルザミ → グリンラッド → ランシール → エジンベアで「いなかもの」 → さいごのかぎ

・そのほか、船のせいでいろいろする。
・とりあえず僧侶を賢者に。(戦士、勇者、魔法使い、賢者)
・気付いたら明け方。自分のまわりにお菓子の袋が散乱。


■ 2月9日(土)
起きると午後 → 整体に行く → 船でうろうろ → 外は雪 → やまたのおろちを退治 → サマンオサ → その南にある洞くつで疲弊

・海を越えて商人を放置。
・戦士のすばやさがあがらなくて困る。
・旅の扉のつながりが把握できず、表にしたら意外と単純で脱力。
・ランシール西の洞くつ(ひとりになるところ)はまだ無理だった。
・駅を越えて整骨院へ歩いていく途中、反対の方向から大量の女子高生とその父母が行進してきて、前に進めなくなる。それで今日、その先にある女子大が入試だったと知る。この人たちは入試からの帰りだ。だれひとり笑っていない。壮観だった。


■ 2月10日(日)
きのう挫折したサマンオサ南の洞くつに再度侵入 → たぶんラーの鏡が入っていると思われる宝箱に近づけない → どうやっても近づけない → 仕方がないので世界を経めぐる → 夜、戦闘画面の途中で5時間寝落ち → くだんの宝箱はやはり取れない

・問題の洞くつ、ゾンビマスターが真剣にうざい(複数で登場、連続マホトラ、仲間にザオラル)。
・こっちのマホトラは成功率が半々なのに、敵のマホトラは100%効くのっておかしくないか。
・「だいたい、ラーの鏡って II で砕け散ったじゃんよ」とイライラ。
・疲れている。
ちがう、きっと順序が逆なんだ!
・詰まっているわけだが、この詰まり方は正しい詰まり方なのか。
・商人はがんばっていた。
・思いついて、やみのランプを使ってからテドンの村。鳥肌。
・オーブは4つ入手。それからやまびこのふえを見つけた。
・はじめてスーの村に行ったら情報がぜんぶ古かった。
・大陸を彷徨、ムオルの村発見。たしかに、さいはて。
・「ポカパマズって何だよw」 → ごめんさない。
・新聞に載るヒラリー・クリントンの顔写真がひとつ残らず怖いので、スクラップを思い立つ。“あえて”の行動による悪魔祓いの精神。


[その3] [その4] [その5] [その6] [その7]
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。