--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/02/11

20年おそい: ドラクエIII 日記 その1

super_f

 先週から、ドラクエⅢをやっているのだった。スーファミ版。

 私はファミコンを買ってもらえなかった子供で…… という話は、去年の9月、やっぱりスーファミでリメイク版の I と II をやったときに書いた→これ
 そういやニコ動にも、以前、「はじめてのドラクエIII」みたいな動画があった。説明として、「“やったことない”と言ったら友達から非国民扱いされたのでやってみる」みたいなことが書いてあり、ああ、その疎外感はよくわかると思った。高校、大学と進むにつれて、「当然のようにやっている」人がまわりに増えたのは何の因果だろう。
 ソフトはヤフオクで落札。1000円くらいだった。初代ファミコン版が1988年だそうなので、1996年にこのスーファミ版が出るまでの8年よりも、そこから今日までの12年のほうが長いということになる。何か不思議な気がする。初代とはずいぶん異同があるらしいが、なにしろはじめてなんだからよくわからない。
 ともあれ始めることにした。以下が自分ルール。

・届いたソフトには箱も説明書もなく、しかし公式ガイドブックが付いていた
 →武器防具・呪文の説明だけは見てもよし
・攻略サイトは不可
・困ったら友達に聞くのは可
 わけても高校以来の友達Bには全力で世話になる

 で、性格上、どうかと思うほどメモを取りながらやっているので、今回はそれをもとにクリアまで日記をつけようと思う。何がしたいのか自分でもわからない。いや、私はクリアしたいんだ。三輪車に乗りはじめた子供を見る目で見てほしい。

■ 2月3日(日)
アリアハン → 岬の洞窟 → ナジミの塔 → ロマリア城 → シャンパーニの塔をのぞいて退散

 前回、 II をやったときはキャラに実在の知り合いの名を使ったため、ここで書けなくなった。その反省を生かしたいものの、気の利いた名前がひとそろい思いつかないので、今回も知り合いの名前。書けやしない。勇者、戦士、僧侶、魔法使い。
・なんだかえらく「お使いに出されてる感」が強い気がする。
・バブルスライムの絵はつくづく秀逸だと思う。
・戦闘画面のモンスターがみんな、攻撃の際にワンアクションするのをめんどいと思う私には、いまのゲームはできないのだろうか。
・外は一日雪だった。


■ 2月4日(月)
ロマリア城~カザーブ~ノアニールのあいだでレベル上げ → シャンパーニの塔 → カンダタ見つからない → どう探しても見つからない → 出直す → 見つかる。何だったんだろう → ノアニール → エルフの隠れ里 → 西の洞くつ → めざめのこなを手に入れ、起こすべき人びとを起こしたところで眠気に倒れる

・その後、“正しいカンダタの探し方”を友達Bから教えてもらう。そんなのわかるかよ!と騒ぎたくなるが、この男だけが特別なんじゃない、常識なんだと思ってがまんする。
・んなわけあるか、と思い直す。「ドラクエ?やったよ」の基準がわからない。
・ノアニールのエピソードは切なすぎ。


■ 2月5日(火)
ロマリア城 → アッサラーム → イシス

・みかわしの服がみかわしにならない。じごくのはさみに悩まされる。
・1988年当時、ゲームはやれなかったくせに、雑誌や何やらにはみんな攻略記事が載っていたので(コロコロコミックや、学研の学習にまでも!)、そこで見ておぼえたことも微妙にある。なかでもイシスの女王の言葉は、なぜか画面写真と共に記憶にあり、実際に目にして感動した。自分はそんなことをおぼえていた、というのがはじめてわかったので。
「みなが 私を ほめたたえる。でも ひとときの 美しさなど なんに なりましょう。」

・感動したままピラミッドをのぞき、ひとくいばこに戦慄。


■ 2月6日(水)
ピラミッド → ポルトガ

・呪文がかき消されるフロアにおびえつつ、ピラミッド攻略。
・攻略というより盗掘ではあるまいか。
・でもやり残した感が強い。あとでまた来よう。
・ほしふるうでわを発見、私のテンションがあがった。
・微妙に聞きおぼえていたことは、ときどきまちがっている。
 「賢者に転職できるのは遊び人だけなんでしょ?」
 「ねえよw」


[その2] [その3] [その4] [その5] [その6] [その7]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。