2007/07/28

7月のもろもろ

 世にあるアイスクリームのすべては「パナップ(グレープ味)」と「それ以外」に分けられると思って生きてきた私だが、6月の終わり頃からこっち、近くのセブンイレブンでもファミリーマートでもam/pmでも西友でもヤマザキデイリーストアでも、パナップを発見できないでいる。
 こんなことがあってよいのか。というか、何があったんだ。うちの近所だけで起こっている局地的な現象だと思いたい。冷凍庫に入っている最後の1個に手がつけられないでいる。いや最後とか言ってはいけない。
panapp


「感じる専門家 採用試験」も収録した、川上未映子の単行本があっさり出版されているので拍子抜ける。『わたくし率イン歯ー、または世界』(講談社)

岸本佐知子『ねにもつタイプ』講談社エッセイ賞受賞記念、筑摩書房の特設ページ。
  →「みんなの名前」

「Pulp Literature」で紹介されていた、“ヘミングウェイそっくりさんコンテスト”。
 なんだその写真。

「SFマガジン」9月号を買う。〈カート・ヴォネガット追悼特集〉。前に買ったのは〈スタニスワフ・レム追悼特集〉のときだったので(2006年8月号)、なんだか縁起の悪い雑誌みたいだ。
 どう考えても巽孝之より太田光の方がまともだと思った。

殊能将之の日記からメモ。
《おすぎがデイヴィッド・リンチ監督「インランド・エンパイア」(2007)をぼろくそにけなしていたよ(「とくダネ」7/27放送)。確か「週刊文春」でも酷評してたなあ。

 見終わった観客が「いままでで最もわからなかった」「心して見たけれどそれでもわからなかった」と言っていたのが印象的だった。
 リンチの映画だからわかるわけがない。ところが、わかろうとしないと楽しめないのである。ウルフやプリーストの小説もそうだが、理解しようとするからこそ幻想が生まれる。「考えるな!感じろ!」という態度ではだめで、「考えるからこそ感じる」わけだ。》

《観客や読者に考えさせるためには、「よく考えればわかるかもしれない」と思わせなければならない。
 ウルフやプリーストのとる戦略は、ある程度まで謎解きが可能なように構成しつつも、どうしてもわからない部分を残すというものだ。牧眞司さんが「本の雑誌」で評していたように、「ジグソーパズルの最後の1ピースが入らない」という感覚をめざしている。きわめて理知的な方法論といえる。
 この点、リンチはもっと直感的に映画を撮っているように思える。町山智浩氏によると、リンチは瞑想からアイディアを得ているという。したがって、完成度や出来不出来の差が激しい。
「インランド・エンパイア」はどうかなあ……。一応見る予定ではあるが、大阪まで3時間の映画を見に行くほどの愛はなく、当分先になるでしょう。》

 その「インランド・エンパイア」、先週の日曜に見に行ったが、恵比寿ガーデンシネマのチケット売り場は何十メートルかの行列でとても入れそうになく、そのまま帰ってきた。「なんで単館上映なのか」とぼやくのは、「なんで『ケルベロス第五の首』がベストセラーにならないのか」とぼやくのと一緒なんでしょうか。単館で大行列、というのは誰にとっても不幸だと思った。

コメント

非公開コメント