趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
目次を作ったよ

 すごいなあ、面白いなあ、とアルフレッド・ベスター『ゴーレム100』を読みながら、ここひと月のあいだ細々と作っていた、このブログの目次をアップしてみた。こちら。
 右側、カテゴリー欄の「★目次:」に追加。

 ここは一応、本についてのスペースのつもりなのだが、もともとの記事が多くないので、目次だけでも水増ししようと作家名のみならず訳者名でも項を立てたり、トークイベントや、文中で書名だけ触れた本まで拾ったり……とかしているうちにドツボにはまり、「どうして自分はこんなことを思い立ってしまったのか」「そもそもブログをやってる理由は何か」みたいな泥沼に踏み込みそうになったものの、その泥沼はひどく浅い(=記事が少ない)ので、無事、帰還できた。何が幸いするかわからない。
 いちばん多いのは「柴田元幸」か「宮沢章夫」に関するものだろうと予想していたが、自分でおぼえていた以上に青山ブックセンターに行っていたこともわかり、詰まるところ、中身が薄い。
 まあ、無い袖は振れない。それでもわざわざこんな真似をするのは紛れもない自己愛の発現で――と書いてみて、かえすがえすも「どうか」と思うのは、私にとって本を読むのは、なかんずく小説を読むのは、うるさい自分の声を黙らせてもらうためのはずなのに、何か書く段になるとまたぞろそれが回帰してくる問題で、2行上でもまた「私にとって」などと書いてしまったし、もういいから今はとりあえずベスターを読もう。
《「あたしはいったいどういう人間なのだろうか? そう、自分がどういう人間なのか意識しなくなったときが愛のはず。少なくとも、その問いには答えが出た」
 まとわりつくような冷気に全身をなでられた。「うわ! いきなり寒い。なにか着なくちゃ。それはまずいか、捜査員たちが来たときこの格好じゃないと、話に説得力がなくなるから」》
『ゴーレム100』(渡辺佐智江訳)p87

「うわ! いきなり寒い」。とことん素晴らしいと思う。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。