趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あ行
目次の先頭へ

エーリッヒ・アウエルバッハ
『ミメーシス』(1946)

青木薫
シン『暗号解読』

青木純子
ノーフォーク『ジョン・ランプリエールの辞書』

青山ブックセンター
トークショー「古典アメリカ文学知ったかぶり」(柴田元幸、2005/07/01)
「柴田元幸+沼野充義トークショー」(2005/08/28)
新訳『ロリータ』刊行記念トークショー(若島正×沼野充義、2005/12/14)
「松浦寿輝×川上弘美トークショー」(2006/05/14)
リチャード・パワーズ来日記念トークショー(2006/03/23)
「保坂和志×柴崎友香トークショー」(2006/09/30)
「木村榮一×高橋源一郎トークショー」(2006/12/16)
「柴田元幸×岸本佐知子 死闘!翻訳家デスマッチ90分1本勝負」(2007/01/06)
「岸本佐知子×豊崎由美トークショー」(2007/02/25)

青山南
『世界の文学のいま』(共著、1991)
『英語になったニッポン小説』(1996)
『眺めたり触ったり』(1997)
『ネットと戦争』(2004)
『レイトショーのしあわせな夜に』(2004)
『世界は何回も消滅する』(編訳、1990)
ケルアック『オン・ザ・ロード』

赤瀬川原平
『名画読本 日本画編 どう味わうか』(1993)

芥川龍之介
「邪宗門」(1918)

浅倉久志
ウルフ「アメリカの七夜」(『デス博士の島その他の物語』)

イサベル・アジェンデ
『精霊たちの家』(1982)

M・A・アストゥリアス
「グアマテラ伝説集」(『ラテンアメリカ五人集』)

マックス・アップル
「コーシャー・ボーイ」(1984)

「アナコンダ」(1997)

阿部和重
「ABC戦争」(『ABC戦争』、1994)
『グランド・フィナーレ』(2005)
阿部和重『ピストルズ』(2010)

天沢退二郎
『光車よ、まわれ!』(1973)

安藤哲行
ガルシア=マルケス『ママ・グランデの葬儀』(共訳)
オカンポ「鏡の前のコルネリア」(『ラテンアメリカ五人集』)
パーチェコ「砂漠の戦い」(『ラテンアメリカ五人集』)


・い

池内紀
カフカ『失踪者』

いとうせいこう
『見仏記2』(共著、1995)
『文芸漫談』(共著、2005)

入不二基義
『哲学の誤読』(2008)


・う

アクトゥーロ・ヴィヴァンテ
「ホルボーン亭」、「灯台」(「飛ぶ教室 8」)

Nathanael West
"The Dream Life of Balso Snell"(1931)、"A Cool Million"(1934)

カート・ヴォネガット
『チャンピオンたちの朝食』とか (頓挫)

「ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!」(2005)

レイ・ヴクサヴィッチ
「僕らが天王星に着くころ」、「セーター」(『変愛小説集』)

牛島信明
アストゥリアス「グアマテラ伝説集」(『ラテンアメリカ五人集』)
ビオイ=カサーレス『モレルの発明』(共訳)

内田樹
高橋源一郎と対談(「文藝」2006年夏季号)
『村上春樹にご用心』(2007)

内田百閒
『贋作吾輩は猫である』(1950)
『阿房列車』(1950)
『東京焼盡』(1955)
『私の「漱石」と「龍之介」』(1969)

内田吉彦
ガルシア=マルケス『ママ・グランデの葬儀』(共訳)

「宇宙人東京に現わる」(1956)

「宇宙戦争」(2005)

ジーン・ウルフ
『ケルベロス第五の首』(1972)
「アメリカの七夜」(『デス博士の島その他の物語』)


・え

ウンベルト・エーコ
『フーコーの振り子』(1988)
『エーコの文学講義』(1994)

「エターナル・サンシャイン」(2004)

江中直紀
『世界の文学のいま』(共著、1991)

榎本俊二
『ムーたち』(2006‐7)
川上未映子と対談(「WB」vol.11)

スティーヴ・エリクソン
「ゼロヴィル」(「モンキービジネス」vol.2)

衿沢世衣子
『シンプルノットローファー』(2009)

ラルフ・エリスン
「広場でのパーティー」(「モンキービジネス」vol.2)


・お

「王と鳥」(1979)

大江健三郎
『治療塔』(1990)、『治療塔惑星』(1991)
「現代文学への通路」(高橋源一郎との対談。「新潮」1990年9月号)
『あいまいな日本の私』(1995)
『宙返り』(1999)
『取り替え子』(2000)

大澤正佳
オブライエン『ハードライフ』
オブライエン「ドーキー古文書」

大森望
『文学賞メッタ斬り!』(共著、2004)
トークショー「海外文学メッタ斬り!」(2004/05/11、ジュンク堂池袋店)
トークショー「文学賞メッタ斬り 今年の話題作総まくり」(2004/10/30、ジュンク堂新宿店)

大和田俊之
眠り文学50選 (「モンキービジネス」vol.2)

岡崎淳子
バンヴィル『バーチウッド』(共訳)

岡谷公二
レリス『レーモン・ルーセル ――無垢な人』

シルビーナ・オカンポ
「鏡の前のコルネリア」(『ラテンアメリカ五人集』)

奥泉光
『文芸漫談』(共著、2005)
『モーダルな事象』(2005)
『新・地底旅行』(2004)、『モーダルな事象』

小澤英実
マクラフリン「修道者」、マッケイ「眠りの国のリトル・ニモ」、キング「ガソリン・アレー」(「飛ぶ教室 8」)
眠り文学50選 (「モンキービジネス」vol.2)

尾辻克彦
『肌ざわり』(1980)
『父が消えた』(1981)
『整理前の玩具箱』(1982)

小野正嗣
浦ばなし2 キュウリとニガウリ」(「モンキービジネス」vol.2)

ティム・オブライエン
「死者を生かす物語」(『世界は何回も消滅する』)
『世界のすべての七月』(2002)

フラン・オブライエン
『ハードライフ』(1961)
「ドーキー古文書」(1964)

オリオン書房
柴田元幸トークショー「R.パワーズ『囚人のジレンマ』を語る」(2007/06/17)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。