趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
か行
目次の先頭へ

レイモンド・カーヴァー
「ささやかだけれど、役に立つこと」

ベティ・カークパトリック
『英語クリーシェ辞典』(1996)

ヴラディーミル・カーミナー
『ロシアン・ディスコ』より三篇(「ユリイカ」2008年3月号)

「怪奇大作戦」(1968-9)
(「狂鬼人間」)

片岡義男
『日本語の外へ』(1997)

笠辺 哲
『フライングガール 1』(2006)、『バニーズほか』(2005)

鹿島茂
『成功する読書日記』(2002)

鹿島田真希
「新潮」2005年7月号(笙野頼子と対談)

フランツ・カフカ
『失踪者』(1912-14?)
『審判』(1925,1990,1997):「ヨーゼフ・K!(6人)
                :「レニ/レェニ/レーニはKの膝の上で

カラスヤサトシ
『カラスヤサトシ 2』(2007)

ガブリエル・ガルシア=マルケス
『ママ・グランデの葬儀』(1961,62)
「大佐に手紙は来ない」(筒井康隆の評)
『エレンディラ』

イタロ・カルヴィーノ
『冬の夜ひとりの旅人が』(1979)

川上弘美
「ユリイカ」特集(2004)
自作再訪:「神様」
「神様」(穂村弘と対談)
「松浦寿輝×川上弘美トークショー」(2006/05/14、青山ブックセンター)

川上未映子
「感じる専門家 採用試験」、「わたくし率 イン 歯ー、または世界」
「フラニーとゾーイでんがな」(『そら頭はでかいです、世界がすこんと入ります』)
榎本俊二と対談(「WB」vol.11)

川端香男里
ザミャーチン『われら』

「考える人」
2007年春号


・き

岸本佐知子
『ねにもつタイプ』(2007)
「柴田元幸×岸本佐知子 死闘!翻訳家デスマッチ90分1本勝負」(2007/01/06、青山ブックセンター)
「岸本佐知子×豊崎由美トークショー」(2007/02/25、青山ブックセンター)
「岸本佐知子のヘンな部屋」(「yom yom」vol.5)
「わが世界文学けもの道 そしてさらなる密林へ」(「ユリイカ」2008年3月号)
『変愛小説集』(2008)
あかずの日記2 四月-五月 パーマ」 (「モンキービジネス」vol.2)
『ねにもつタイプ』(文庫版、2010)
「真のエバーグリーン」(『気になる部分』[2000]に所収)
リディア・デイヴィス『話の終わり』

喜多村紀&きたむらさとし
「眠っているのは誰(何)か」 (「モンキービジネス」vol.2)

木村榮一
ガルシア=マルケス『エレンディラ』(共訳)
コルタサル『悪魔の涎・追い求める男 他八編』
フエンテス『アウラ・純な魂 他四篇』
「木村榮一×高橋源一郎トークショー」(2006/12/16、青山ブックセンター)
ビラ=マタス『バートルビーと仲間たち』
アジェンデ『精霊たちの家』

フランク・キング
「ガソリン・アレー」(「飛ぶ教室 8」)

「キング・コング」(2005)


・く

工藤幸雄
ゴンブロヴィッチ「コスモス」
パヴィチ『ハザール事典』

「クローバーフィールド」(2008)

黒田硫黄
「ユリイカ」特集(2003年8月号)

「クロニクル」(2012)

桑名一博
ガルシア=マルケス『ママ・グランデの葬儀』(共訳)


・け

ジャック・ケルアック
『オン・ザ・ロード』(1957)

「幻影師アイゼンハイム」(2006)

演劇「現代能楽集III  鵺/NUE」(2006/11/05)


・こ

小島信夫
『墓碑銘』(1960)

ゲイル・ゴドウィン
「かなしい女」(『世界は何回も消滅する』)

フリオ・コルタサル
『悪魔の涎・追い求める男 他八編』

ヴィトルド・ゴンブロヴィッチ
「コスモス」(1965)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。