--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/06/09

日記

■ MXテレビ(9チャンネル)で月曜23時から再放送中の「ウルトラセブン」は、いよいよ来週6/11と6/18で最終話。「史上最大の侵略(前後編)」。

早稲田松竹「フラガール」(2006)を見てきた。松雪泰子が歯を食いしばって築きあげたものを、笑顔の蒼井優があざやかにかっさらう映画だと思われた。

 これだけは断言できるのだが、巷間いわれていたほど訛りの再現性は高くないので、距離をもって見ることができひと安心(当たり前だ、映画なんだから)。とはいえ、完成した常磐ハワイアンセンターの天井が映ったときには、塩素と湿気の入り混じった暑苦しい空気が押し寄せて、一瞬、鼻がきかなくなった。
 高校のとき、ハワイアンセンター(現:スパリゾートハワイアンズ)の城下町から通学する友達がいたが、彼が言うには、「小学校の同級生に、火吹き男の息子がいた」。そんな映画も見てみたい。
 上映は最終日で、“席が八割方埋っている早稲田松竹”ははじめてだった。むせび泣く声とか聞こえてきた。時間が合わなくて併映の「ゆれる」は未見。


 こんなものを見つけた。
  ほぼ日:「いまさらフラガール!」
  http://www.1101.com/hulagirl/index.html

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。