--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/04/27

4月のもろもろ

■ 読売新聞読書欄、レスリー・デンディ『自分の体で実験したい』評がなんだか面白い

 「命がけの未知への挑戦」(高橋秀実)
 http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20070423bk04.htm


■ 佐藤亜紀の新作出来

 「大蟻食の生活と意見」(04/23)
 http://tamanoir.air-nifty.com/jours/2007/04/2007421.html

 『ミノタウロス』は5/10発売。おなじ日に『雲雀』も文庫化。
 3年前のインタビュー:(→前半が『天使』『雲雀』、後半に今度の新作の話)


■ 「webちくま」で宮沢章夫の新連載

 「テクの思想と、その展開」
 http://www.chikumashobo.co.jp/new_chikuma/index.html

 あと、ものすごいことに、「ニュータウン入口」の戯曲第一稿が読める
 http://www.u-ench.com/newtown/text1/index.html


■ 「写実絵画からは腐臭がする」という話

 「内田樹の研究室」(4/24)
 http://blog.tatsuru.com/2007/04/24_1059.php
《葡萄は当然腐る。
腐ってどんどん形態が変わってしまっては写生できないので、腐った葡萄の粒をもぎ棄てて、買ってきた似たかたちの葡萄を粒を接着剤で貼り付けて、続きを描く。
描き終わったときには、描き始めたときに描いた葡萄はもう一粒も残っていない。
絵に描かれた葡萄のかたちは瑞々しいのだが、最初に皿の上にあった葡萄はすべて腐って、画架の前から姿を消してしまったのである。》

 考えたことがうまく書けないんだけど、とにかく(←魔法の言葉)、「かかった時間」を軸に作品を見る、聞く、読むなんて考え方は、十代の私にはピンと来なかったと思う。時間が経ったんである。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。