--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/10/21

「そうすればもう危険はない」

 終わりかけの展覧会をあわてて見てくるシリーズ、今週はBunkamuraザ・ミュージアム「ピカソとモディリアーニの時代」を見てきた。別にシリーズではない。

 ザ・ミュージアムはBunkamuraの地下にあるわけで、エスカレーターで降りていくたび、「しゃらくさい」という気持を抑えることができない。「ドゥ マゴ パリ」ってのは何だろう。ここは渋谷じゃないの? 「ザ・ミュージアム」は「ザ・ミュージアム」で、なんにしろ「ザ」がいけないと思う。言いがかりはともかく入場、昼過ぎながら歩くのに支障をきたすほど混んではいなくてひと安心。
「ピカソとモディリアーニの時代」なのでピカソとモディリアーニの作品ばかりかと思っていたが、実際はそうでもなかった。会場内は4つの区域に分かれいて、キュビスムからシュールな抽象画、「素朴派」(そんな派があったのか)まで展示。
 いま思い返してみると、展覧会の顔になっているモディリアーニより見ごたえのある絵がいろいろあった。ジョルジュ・ルオーの「鏡の前の娼婦」、「我ら自らを王と思い」とか。後者はタイトルもかっこいい。タイトルという点だけでいえば、いちばんのヒット作は、たしかに人型であることはわかるがそれ以上は無理だろうという程度の線が引いてあるなかに肌色や黄色を置いた絵で、それが「明らかに裸同然の人物」と題されているのに笑った。描いた人の名前をぜひ憶えようと思ったが、ウジェーヌ・ネストール・ド・ケルマデックとかいうので明日には忘れそう。
 ぱっと見で印象に残ったのが、アルチュール・ヴァン・エック。肖像画での光の使い方に見覚えがあるからぜったい有名な人のはずなのに、いまググってみると静物画しか出てこないから不思議。ただ、ほかの人のならともかく、自分の「ぱっと見」を信用していいのかは疑わしい。

 それに比べると、会場入ってすぐのキュビスムはつくづくおかしかった。帰る前にもういちど戻って見る。“キュビスムの彫刻”らしきものもあってもうわけがわからない。
 西洋画のモチーフに、“ヴァニタス”ってのがあるでしょう。テーブルの上にさりげなく頭蓋骨とか描いて、人生のはかなさ、人はいつか死ぬ、ということを思い起こさせるといわれているやつ。これをピカソが描いており、ちょっと驚きのものだった。「楽器と頭蓋骨」という題を見るまで、頭蓋骨なのがわからない。それはどうなのかとめまいがした(同じ作品が、売店の絵ハガキに印刷されるとちゃんと骨に見えるのも不思議。実物はかえってよくわからないというのなら、渋谷まで行った甲斐があったというものだ)。なお、絵の横にピカソの言葉がパネルになっており、これが衝撃的にかっこよかったのでメモしておく。

「抽象美術などない。つねに何かから始めなくてはならない。そのうえで、現実の外観を取り除くことができる。そうすればもう危険はない」

 記憶のままなので不正確かもしれないが、絵よりは言葉の方がまだ憶えておきやすい。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。