--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/05/21

ユニクロと岩波書店

ユニクロで、荒木飛呂彦Tシャツ販売 「@JOJO」より
 http://atmarkjojo.org/archives/2006/2006-04-18-001150.html

 こんな企画をいま知った。とうに完売。1ヶ月も遅かった。
 再びそんな出遅れのないようにしたいのがこれ↓である。

岩波文庫2006年7月の復刊
 http://www.iwanami.co.jp/shinkan/repub/2006/07.html

 ラインナップに『未成年』がある。ドストエフスキーの長篇で、なぜか唯一新潮文庫に入っていないやつ。しばらく前に古本屋で、紐で括られた「上下巻」セットを見つけたものの買い逃し、悔しがっていた。危ないところだった。
◆『未成年 全三冊 上』 ドストエーフスキイ/米川 正夫 訳
〔予定定価 840円(本体 800円 + 税5%)〕 2006年7月7日 重版再開(1940年7月26日発行)
◆『未成年 全三冊 中』 ドストエーフスキイ/米川 正夫 訳
〔予定定価 735円(本体 700円 + 税5%)〕 2006年7月7日 重版再開(1941年12月14日発行)
◆『未成年 全三冊 下』 ドストエーフスキイ/米川 正夫 訳
〔予定定価 903円(本体 860円 + 税5%)〕 2006年7月7日 重版再開(1941年5月3日発行)

 絶版と復刊を繰り返す岩波文庫。『ディドロ ダランベール編 百科全書―序論および代表項目―』というのもなんかすごいが、なにより、「ガルガンチュワとパンタグリュエル」の復刊はないのか。

コメント

非公開コメント

ベータってもう出ているんだろか

とても行ってみたいもののなんかすげえコアっぽい話になりそうな気がして腰がひけているので行って聞いてきてレポートしてくださいませ。
http://www.aoyamabc.co.jp/events.html#ro20060611_1

まったく同じことを

きみに頼みたかった。
「定員40名」にSF知らない私が出かけていく度胸はないのだった。ナボコフなら知ってたのか、って話ですが。いまふりかえるとおそろしい。
誰か。他の誰か。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。