趣味は引用
本日の引用
「TV Bros.」の表紙をめくったところに連載されている、松尾スズキのコラム「お婆ちゃん!それ、偶然だろうけどリーゼントになってるよ!!」より。(「4/29-5/12」号)
《[…]かっこいいものほど、その裏に恥ずかしさの可能性を無限に秘めているのではなかろうか。
 ピザのことをピッツァと呼んでしまう恥ずかしさ、というものがある。
 矢沢永吉が言うんならいい。
「俺、ガーリック・ピッツァとシーフード・ピッツァ、ハーフ・アンド・ハーフで」
 なんだかわからんが、許せる。
 が、やはり我ら庶民はピザでいいじゃないかと、自らを戒めるべきだ。ピザをピッツァと言うのなら、ゴザをゴッヅァと言うべきだろう。もちろん矢沢永吉ならすでに言っているはずだ。
「息子の運動会だからゴッヅァ2枚買って来て。これもんで」
 なにが「これもんで」なのかわからないが、ありだと思う。
「パスタ」も実は、私にとって人前で口にするにはいささかハードルが高い言葉だ。パスタと言うたび、心の中の悪魔が「スパゲティ、あるいはスパゲッティでいいじゃないか」と囁く。しつこいが、もちろん場末のドライブインですら、矢沢さんが「スパゲッティ」なんて注文してはいけない。
「ナポリタンのパスタ。ドリンクはコークで」
 コークですよ。メニュー表に筆ペンで「コーラー」って書いてあっても、矢沢さんにはコークって発語してほしいのですよ。[…]》
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック