趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リチャード・パワーズが来た

 というわけできのう3/23の夜は青山ブックセンターでリチャード・パワーズを見てきた。

 トーク、朗読、会場からの質問、という流れ。
 司会と進行に通訳まで柴田元幸がひとりでやるのは非効率的じゃないかと思っていたら、さすがにパワーズ氏には通訳の女性がついていて、柴田元幸が観客に向けて喋っていることやパワーズへの質問を耳元でずっと訳し続ける。パワーズの喋ることは柴田元幸がぜんぶ訳す。およそまったく英語の聞き取れない私でも大丈夫だ。しかしパワーズの話にそのまま反応して笑う人も場内には数多く、私の方が少数派であるようなおそれを抱いた。そんなことはいい。

 柴田元幸のパワーズ紹介はこんな感じ:
「ものすごく知識のある人なんだけど、ふつうそういう人には2種類あって、多くの知識があるゆえにシニカルに世界を見る人と、そうじゃない人がいる。パワーズは明らかに後者、知識を総動員して人間を肯定的に見ようとする」

 1957年生まれのパワーズは、もともと物理学を専攻して科学者を目指していた。「文転」して小説を書き始め、二十代でデビュー(秀才)。科学やら歴史やら音楽やら、さまざまな分野の知識・言葉を注ぎ込んで壮大な作品を構築する。
 それでか、会場からは「あなたのなかで科学と物語はどんなふうに関係するのか」「科学についてどう考えているのか」みたいな質問があったが、答えの大半は忘れた。
「科学には、それ自体の発展と、それが人間の生活に及ぼす影響というふたつの流れがある。私は両者を物語のなかで描こうとしている」みたいなことから語りはじめていたのだった、たしか。

 もちろんほかにもいろんな話題があったものの、詳細な公式レポはそのうちどこかの雑誌かウェブ上に載るだろう。私は「本人を見てみたい」というだけで行ったので、会場に現れて喋りだす前にすでに目的は果たされた。こういう浅はかな態度はいつかだれかにきつく叱られる気がする。

 そのパワーズがいま書いている新作は、「ニューロサイエンティフィック・ミステリ」で、なんとか症候群という脳疾患を扱っているという。これは、親しかった人の顔を見るとそれが仮面であるような違和感を感じてしまう症候のことらしい。
 だれの顔だか認識する機能に問題はない、認識した顔からその人にまつわる記憶を呼び起こす機能にも問題はない。それなのにどうして違和感があるのかというと、「すごく好きだった」とか、そういった感情を顔に重ねることがうまくできなくなっているからだそうで、そんなテーマからはじまる作品になるみたい(事故でこれを患うようになった父親とその家族、だったかな)。
「ところで、ムラカミの小説世界には脳疾患みたいな要素があるよね」などと気軽に言っていたパワーズは、かつてハルキ・ムラカミを読んで目からウロコが落ちる経験をしたそうで、こういうイベントにも参加するようだが、私は申し込みをしていないので行けません。

 ほかに面白かったのは、パワーズが「著書にはサインをしない」主義だというところで、その理由を最後に説明していた。
「最初の本(『舞踏会へ向かう三人の農夫』)を書いたときに考えていたのは、複製芸術の時代にあって、同じものがいくらでもできるというのに、そのなかの1枚の写真はどのように特別でありうるか、ということだった。
 で、それは、それを見たのがほかならぬあなたであるから、その1枚はあなたにとって特別である、というところに根拠が求められる。
 本の場合も同じで、あなたが線を引いたりしながらページをめくって読んだその本は、あなただけの特別な1冊になっている。
 それなのに、たまたま近くにいるからといって作者が出てきて、自分のサインでその本をさらに特別なものにできると考えるとしたら、それは偽善である。若いころ、そのように思ったのです」
 ――ということで、本以外限定でサインに応じていた模様。CDとか。
 (柴田:「ぼくはただの翻訳者なので、本には何でもサインします」)


『三人の農夫』は、「写真を見ることは、同時に写真に見返されることでもある」というテーマを全篇使って読者に実演してみせる長篇だった。そこのところを柴田元幸は、『アメリカ文学のレッスン』(2000)でこんなふうにまとめている。
《パワーズという作家の大きな特徴は、世界を思い描く上で、意味づける自分と意味づけられる対象、自己と他者、というふうに非対称的な関係をその根底に据えるのではなく、自分と対象の関係がまずあって、刻々変化していくその関係から、そのつど自分と対象とが分泌されていく、というふうに捉えていることである。
 たとえば第一作『舞踏会へ向かう三人の農夫』(一九八五)は、実在のドイツ写真家アウグスト・ザンダーの撮った一枚の有名な写真をどう見たらよいかをめぐる丹念な模索を物語化した作品と言える。だが、そこでは、人が写真を見る・意味づける、という主/従の発想ではなく、人が写真を見るのと同程度に人が写真によって見られる、という考え方が推し進められている。
 […]パワーズの描く世界にあっては、人間は世界を作る存在でもあり、世界によって作られる存在でもある。対象が一枚の写真であれ、一人の他人であれ、第一次世界大戦であれ、我々はつねに共犯関係に巻き込まれ、つねに共謀関係に追い込まれている。世界を解読するたび、我々は自分というファイルを更新している。解読に「正解」はない。世界というファイル、自分というファイルの両方をどう豊かに更新するかが問題なのだ。それは、自分が他者の奉仕を受けて活性化される、というのとは微妙に違う。こうした考え方を通して、読み手は、自分が世界とどうかかわったらよいかについてのレッスンを受けることになる。》「エピローグ」

 いってみれば、“あなたの働きかけで世界はたしかに変わる”、ということである。たぶん。そういうヒューマニズムに「知」の方向からアプローチする作家はたしかに相当めずらしいと思う。
 翻訳はまだ『三人の農夫』、『ガラテイア2.2』のふたつしかないが、いちばん早いのだと、秋に『囚人のジレンマ』というのが出るらしく、その冒頭部分が英語原文(パワーズ)と翻訳(柴田)で朗読された。
 子供時代、自分たち兄弟に質問のかたちでしか接してこなかった父親(「あの星座の名は?」「ドアがドアでなくなるのはどんなとき?」)を回想する語り手のモノローグが、強靭な、でもセピア色の思弁とでも言いたくなるような文体で展開されて、いきなり傑作の予感がたちこめる。楽しみです。
 あと、青山ブックセンターはえらい。



舞踏会へ向かう三人の農夫舞踏会へ向かう三人の農夫
(2000/04)
リチャード パワーズ

商品詳細を見る

ガラテイア2.2ガラテイア2.2
(2001/12)
リチャード パワーズ

商品詳細を見る

アメリカ文学のレッスン (講談社現代新書)アメリカ文学のレッスン (講談社現代新書)
(2000/05)
柴田 元幸

商品詳細を見る
コメント
この記事へのコメント
こんにちは
こんにちは。初めておじゃまさせていただきます。
私も先週パワーズさんのトークショーに参加しました。
私はパワーズさんの作品は難しくて半分くらいしか理解していないのですが、その程度の私にも、パワーズさんの作品は面白くて、大きなものがあるなーと感じます。
作品の難しさに比べて、トークショーでは私たちにわかりやすい言葉をつかって、質問に応じてくださったのが印象的でした。
「何かと比較させることで言いたいことを際立たせる」とか、「自分の考えと違う考えをひっぱってきて、戦わせるのが芸術だ」とか、パワーズさんの創作に対する考えに触れられたのもうれしかったです。
柴田さんファンの私には、実際に柴田さんにお会いできたのも大感激でした。
またああいう催しがあるといいですね。
2006/04/02(日) 23:42:15 | URL | Straighttravel #-[ 編集]
こんにちは
同じ会場にいらしたんですね。
私は、たしか柴田さんがいっていた、「パワーズの小説は難しいんだけど、何十ページか読んでいると、その本自身が読み方を教えてくれる」みたいな言葉が印象的でした。他の作品の翻訳のみならず、こういうイベントもまたやってほしいです。
2006/04/03(月) 16:55:00 | URL | doodling #OtUrN.LY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。