趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
十五夜の夜

 東京から数百キロ離れた私の実家周辺には、“十五夜かっぱらい”と呼ばれる行事があった。十五夜の夜、小学生が集まって近隣の家をまわる。大人はあらかじめ、玄関の前や縁側に月見団子をはじめとするお菓子を置いていて、子供らはそれを好き勝手に「かっぱらう」。何軒か繰り返すうちに、持ってきた袋がお菓子で一杯になる。
 夜中に(といっても8時前だろうが)友達とあちこちを歩き回る、それも庭先とはいえ他人の家に侵入する、というところにみんな軽く興奮していた。お菓子は結果であり二の次だったように思う。

 通っていた小学校の学区内ではどこでもやっていたので、山ひとつ向こうに住んでいる同級生がうちの近所で月餅を食べているというような、解せない光景が毎年あった(彼らには侵犯者の趣さえ漂っていた)。子供のいない家でもたいていお菓子を用意してくれていた一方で、「お菓子のない家」は、見た感じでそれと知れた。ある意味おそろしいことである。
 中学生が混ざってもよかったのかどうかはおぼえていない。厳格な決まりがあったとは思えないが、普通は小学校の高学年くらいで、なんとなく行かなくなる。卒業。十五の夜。言ってみたかっただけである。
 で、ここが偶然なのか奇妙なのだけれども、自分が中学生になったころには、あたりの小学生はもう“十五夜かっぱらい”をしていなかった。いや、ちがうか。秋の夜、突然うちの玄関戸を開けた子供を見て驚いたことがあったような気もする。どちらかが、あるいはどちらも、記憶の捏造なのかもしれない。

 カボチャとは何の関係もないこの行事が、けっこうローカルなものだろうとうすうす感じてはいた。しかし、市内じゅうから生徒の集まる高校に入ってから、私は気付いた。
 誰も“十五夜かっぱらい”を知らない。聞いたことがある、という者さえいなかった。けっこうどころか、ものすごくローカルだった。

私「じゃあお前らは、満月の下、田んぼのなか遠くに一軒だけある家まで
  畦道を歩いていったら、皿に積まれた団子が丁寧にラップで包んで
  あって、“皿は置いていって下さい”とメモがあった、とか、そういう経験
  もないのか」
友1「つーか、田んぼを見たことがない」
友2「それ犯罪じゃねえの」
友3「今度おれも連れてってよ」

 似たような行事があったという人間にはいまだに会ったことがない。田舎出身者でも全滅。そして同じことを言われる。「それ犯罪じゃねえの」。Googleでも0件だった。
 いったい何だったんだろう、十五夜かっぱらい。私は、私たちは、なんであんなことをしていたのだろう。経験者同士で語り合える日がいつか来るのかどうかもわからないが、それまでは仕方がないのでミルハウザーでも読んでいようと私は思うのである。あと、犯罪ではない。
コメント
この記事へのコメント
今さらスミマセン^^;
自分が育った町にはお盆にハロウィンそっくりの行事があって(お盆とハロウィンはよく似ているから不自然ではないですよね)、初盆の家を踊り歩いて、お菓子をもらって回る習慣がありました。

故人の供養のためなんでしょうが、踊った子供にはお菓子、オトナには酒や酒肴が振舞われるんです。浴衣の袂に一杯お菓子を詰めてほくほく帰った記憶があります。

doodlingさまの書いてらっしゃる行事も、もしかすると、お盆の供養行事が変化したものかもしれませんね。

ちなみに父の実家も文字通りの限界集落で、数年前に一軒ずつあったタバコ屋さんと床屋さんもバス停もみんななくなっちゃいました。郵便局も今では10キロ離れた中心部にしかなくって、車がないと生きていかれないです。こんな場所だと車乗れないとホントに一人前扱いしてもらえませんよね。

どげんかせんといかんって言う例の県ですが、過疎の波はゼンゼン止まらなかったんですね^^;

ツイッターで拝見すると、doodling様がお健やかそうでいらっしゃるので、うれしく存じておりました。←アンタ誰?みたいな申しようでゴメンなさい。

ご健勝をお祈りいたしております~。
2010/10/01(金) 00:29:09 | URL | ゆき #m/UTGpos[ 編集]
本当に、今さらスミマセン^^;
ブログを1ヶ月以上放置していたあいだにコメントをいただいていました。
お気遣いいただいてありがとうございます&それなのにすみませんでした。

“十五夜かっぱらい”について、うちの家族によく思い出してもらったところ、
隣の小学校の学区では、つい2、3年前までやっていたらしいです。
(上の文章を書いていたころはまだ生きていたことになります)

市内の別の地域にも同じ行事があり、そちらでは今も存続していると、
先月、地方局のニュースで紹介されていてはじめて知りましたが、
その際、名称が“十五夜どろぼう”となっていたのには欺瞞を感じました。
ウソつきはどろぼうの始まりなのに・・・!

そんなこんなで私は元気です。ありがとうございました。
2010/10/26(火) 22:20:39 | URL | doodling #OtUrN.LY[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。