2005/08/28

柴田元幸+沼野充義トークショウ@ABC

 青山ブックセンターで「柴田元幸+沼野充義トークショウ」を見物する。『200X年文学の旅』(作品社)刊行記念。

 この本は、両氏が「新潮」で交互に連載していた外国文学最新情報をまとめたもので、アメリカのみならず英語圏、ロシアのみならず東欧・旧共産圏の名前も知らない作家・作品を山ほど紹介してくれる。
 2人も編集に関わった国書刊行会の作家ガイド本『世界×現在×文学作家ファイル』について柴田氏は、「外国語ができなくても、この1冊で、何百もの作品を夢見ることができます」みたいな宣伝文を書いていたが、今度の本もそんな感じ。どうしてこんなに読めるのか。この本をひと通り読むだけでも私はどれほど時間がかかるだろう。
(偶然だと思うが、これ、縦に長いちょっと変わった版型が、同じようなコンセプトの『世界の文学のいま』と似ていて面白い)

 トークの最中、2人はそれぞれ自分の訳した詩を朗読した。とりわけ沼野氏が訳したのは、シンボルスカ!ガンドレフスキー!ドミートリー・プリゴフ!ってひとりもわからない。
 ついでにロシア語原文も読みあげられたのだが、しんとした会場で皆目見当のつかない外国語が流れていた数分間は、こちらの意識も焦点が別のところに動かされるようで、ややとまどった。

沼野「いま、時間の関係で最後の部分は飛ばしましたよ」
柴田「そうなんだ、ぜんぜんわかんなかったけど」

 あと、こういうのも見つけた。
 http://www.1101.com/editor/2005-08-23.html


200X年文学の旅
200X年文学の旅
posted with amazlet on 06.02.03
柴田 元幸 沼野 充義
作品社 (2005/08/27)
売り上げランキング: 10,928