--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/07/25

Steven Millhauser“Enchanted Night”(1999)

Enchanted Night (Vintage Contemporaries)
Vintage(2000)

 ミルハウザー、未訳の中篇。
 場所はアメリカ東部の郊外、季節は夏、月が煌々と照らす真夜中すぎの町が舞台になる。これといった筋立てはなく、まともな人間なら眠っているはずの時間に何らかの活動をしている人間たちの姿がばらばらに、短い章の積み重ねで描かれる。
 部屋の中ではこれ以上呼吸ができないと思い詰めた14才の少女や、屋根裏部屋でいつ完成するともしれない本を書き続ける中年男がふらふらと外へ出る。不法侵入した図書館のロビーにたむろする少年たち。月の光を浴びて、古びた人形やショーウィンドーのマネキンも動き出すのを待っている。
 夜だから汗ばむほど暑くはなく、月のおかげで真っ暗でもない。虫の鳴き声と幹線道路を走る車の音が遠くに聞こえ、乾いた風がそよぐ。昼からはみ出した夜型人間たちがぼそぼそ会話を交わし、小さな冒険が進行する。けれども少しずつ時間は過ぎて、朝の光が差し込む前にみんなそれぞれの帰るべきところに帰っていく。タイトルは「魔法の夜」でいいのだろうか。

 ひっそり静かな夏の月夜をそんなに大きくない一枚絵に収めたような作品で、天才芸術家も過剰な細部描写も出てこないとはいえ、扱われる情景は「いかにも」のツボを外さない。なにが「いかにも」なのかよく考えるとわからないが、そう思わせる時点でこの作家の勝ちだろう。あるいは私の負けなのか。

 登場人物の中でとくに興味を引いたのは「女の子だけでできた窃盗グループ」の面々で、上記の不良少年たちがぐだぐだ時間を潰しているだけなのとはちがって活動的である。そういえばミルハウザーには、それこそ「夜の姉妹団」という傑作短篇もあるのだった(このアンソロジーのタイトルストーリーになっている)。
 ミルハウザーにはすすんで負けていきたい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。