--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2005/02/02

『朝食』のこと その2


 それまで語り手だった「わたし」は、作者としてミッドランド・シティの酒場に現われる。
《わたしがそこへきたのは、自分の創りだしたふたりの人間、ドウェイン・フーヴァーとキルゴア・トラウトの対決の場に立ち会いたかったからだ。》


 どれほど意味があるかは疑問だが、ちょっと考えてみる。
「わたし」が語り手の位置にとどまっている時点であれば、ヴォネガットと『朝食』にはこのようなレベルの区分があると言えなくもない。

 (a)現実世界のヴォネガット
 (b)『朝食』の作者であるヴォネガット
 (c)『朝食』の語り手である「わたし」のいるところ
 (d)「わたし」によって語られるキャラたちの世界

(a)と(b)の違いにはとりあえず触れない。(c)+(d)がここで読んでいる小説『朝食』である。
 極端に単純化すれば、(c)が『朝食』の語りのレベル、(d)が物語のレベルと言えなくもない。ここまでは(c)と(d)のあいだに距離が保たれていたからである。「わたし」はやたらと口数が多いとはいえ、ドウェインやトラウトやその他の人びとの言動を示しつつ外側からコメントを加える立場にあった。
 それが、上の引用の通り、作品の途中で「わたし」は(d)に入り込む。
「わたし」の語っている世界に当の「わたし」も侵入させることで、ヴォネガットは(c)と(d)の垣根を取り払ったように見えなくもない。登場人物の1人が語り手、というのはごく普通の一人称小説である(突き詰めればおそらくハードボイルドになる)。
 けれども、そのような移行の一方で、「わたし」は自分が作者であるという姿勢を崩さない。すると変なことになる。
《バーテンから追い出しを食うおそれはなかった。なにしろ、彼を創りだしたのはこのわたしなのだ。わたしは彼に名前を与えた――》

(d)に降りてはきたが、本来(c)に属する「わたし」と(d)の住人には明確な差があるのを「わたし」は強調する。この世界の創造主として設定されたキャラクターである語り手「わたし」は、しかも、自分がそのまま(b)のヴォネガットであると言いたげである。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。