趣味は引用
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鹿島茂『成功する読書日記』(2002)
成功する読書日記
文藝春秋

 何かの参考になるかと思って読んでみたら、大半は「週刊文春」に掲載の読書日記をまとめたものなのだった。知らなかった。異様に幅の広い書評実践篇ではあるが、いかんせん週刊誌のスペースで「紹介」の域を越えるのは難しい。紹介たりえていることを評価すべきだろう。じゃあ参考になったのか。
 単行本化で付け足した部分にこんなところがあった。
《本筋とは関係なく、自分にとっては妙に気にかかる一節、心に触れる箇所というのがあるはずです。そこを引用すればいいのです。読書日記というのは、客観的な資料を残すためのものではありません。あくまで、自分個人のためのものです。ですから、引用も極私的なものでいいのです。》

 感想よりもまず引用、と。
 そういうわけで、これからも引用していくことにした。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。