--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/11/30

04/11/30


 何年かぶりに「本の雑誌」を買った。12月号(イカ飯筋トレ号)は発売日から20日遅れだ。
 ウェブページで、特集「絵本大好き!」に「仕掛け絵本のできるまで」が載っているらしいことを知って買いに走ったのだが、その記事が予想と違っていたのは別にいいとして、歌人の穂村弘が連載しているコラムを読んだら複雑な気持になった。全体の1/3にあたる量を引用する。
《このコラムの締切が近づいてきて、何を書こうかと考えるとき、必ず同じ光景があたまに浮かぶ。電車のなかで本を読む女性の口元に微笑が浮かんでいる、というイメージだ。
 みたこともない微笑。あんな微笑を浮かべさせるあの本はなんだろう。うつくしい装幀。みえそうでみえない書名。翻訳ものかどうかだけでも知りたいのにわからない。あのひとはどこで降りるんだろう。あのひとの降りる駅で僕も降りたい。そこには、夢のような世界が広がっているんだ……。
 この話は連載の初回に書いてしまったので、もう書くわけにはいかないのだが、自分が本について考えるとき、一度はここを通過しないと考えが先に進まないようなのだ。
 これがユングの云う「原型」というものだろうか、と思う。人種や民族を超えて刷り込まれた深い深い夢のパターン。》

「ここまでに何回、ツッコミを入れられますか」という問いには、「2回」から「17回」まで様々な回答があるだろう。
 いずれにせよ自分は、「たいがいにしろよ」という呆れと共に、この人の書いたものを読んでいてこれまでも何度となく覚えることになった「たいがいにしないといけないな」という感慨をあらためて自分の身に引き受けざるをえず、そのため生温かくも複雑な気持なのだった。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。