2004/10/30

ジュンク堂新宿店開店記念イベント

 オープンしたばかりのジュンク堂新宿店に行ってみた。三越の7、8階。

 池袋店であれば10階にまたがるジャンルをここではふたつのフロアに押し込めてあるので、えらく本が探しにくい。新刊書はどこですか。エレベーターを出たすぐのところに東洋文庫があるのも謎。しかし、ふらふらとさまよって考えなしに立ち止まり、横を見るとラテンアメリカ文学棚だったのには何者かの大いなる意志を感じた。大きいのかそれ。
 地下3階の隅でオープン記念のトークショーがあったので聴きに行く。

 まず3:30から、大森望・豊崎由美による「文学賞メッタ斬り、今年の話題作総まくり」

豊崎「じゃあ今日は〈紀伊国屋メッタ斬り〉ということで」
大森「出版社をメッタ斬る人はたまにいますが、書店を斬る人はなかなかいませんね」
豊崎「いったい私にはどんなメリットがあるんでしょうか」
 
[最近の変化]
頓珍漢な選評で有名だった何人かの選考委員が「候補作を読んで」発言するようになった事例がいくつか報告されており、仮に、もしかして、それが『メッタ斬り!』の効果だとしたら、自分たちはみすみす飯のタネを減らしてしまったことになる。由々しき変化だが、これはまさしく観察者が観察対象に影響を及ぼしてしまう不確定性原理であろう。仕方ない。

 以下略。


 そのあと6:00から、斎藤美奈子「FCって何だ?」講演。
 以下はほとんど、演題を見て「FCって何ですか?」と言っていた友達への私信。

 斎藤氏が近刊の『物は言いよう』(平凡社)で提唱を始めた「フェミコード」なる概念の略称が「FC」
 性や性差について、新聞雑誌テレビ実生活で遭遇する、「差別やセクハラと言えるほどはっきりしているわけではないがどこかおかしい言動」を広く取り上げるために考案された一種の指標で、「それってFC的にどーよ」を定形として使われる。
 たとえばプロ野球選手と女子アナの婚約会見の最中に、ごく自然な流れで「もう手料理はふるまわれましたか?」なんて質問が出たときすかさず「どーよ」と言ってみるとあら便利。
 
「つまりイエローカードみたいなものですよね、って言うと結局フットボールなんですけど」

 書店の5階や6階の隅に追いやられているフェミニズム関係の書籍を読むことで求めるものを得られたかもしれない人たち(多くは女性なんだろうな、やっぱり)が、実際には1階で平積みになっている負け犬とかオニババとかいう本にしか行きつけない現状を憂い、その橋渡しをするために「どーよ」な実例を集めた「FCの練習帳」として構想されたのが『物は言いよう』。
 だからFCは基本的には突っ込み用のツールだが、むしろ自分でそういう言動をしないために、社会的なエチケットの自己確認のために、自分突っ込みとしても活用していただきたい物差しなのだそうだ。
「FCにひっかかるようなことは言わない・しない」のはあくまでエチケットであるから、別に本音までは問わない(←ポイント)。実用書としてビジネス棚に置いてもらおうと、オビから目次から工夫を凝らしているそうである。そういえば会場の半分は男性だった。


物は言いよう
物は言いよう
posted with amazlet on 06.02.03
斎藤 美奈子
平凡社 (2004/11/10)
売り上げランキング: 9,637

コメント

非公開コメント