--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2004/04/05

その59 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


 第二次大戦中の1943年、イタリアにある〈憐れみの湖[ラーゴ・ディ・ビエタ]〉で、アメリカ軍の中隊がひとつ、全滅した。
 彼らが追いつめられた湖の岸辺には絶壁がそびえ立ち、その上からドイツ軍が激しい銃撃を浴びせる。通信は届かず、援軍はない。敵の爆撃機までが掃射に飛んでくるし、湖は凍るように冷たかった。逃げ場のないアメリカ兵は、それでも数週間ほど粘ったというが、
But they died, everyone, dumbly, without a trace or a word. (p47)

《しかし、彼らは死んでしまった。一人のこらず、黙って、何の跡もなく、何の言葉も残さずに。》p74/p83

 ドイツ軍は彼らの死体と装備のすべてを湖の底に沈めた。

 この時、ドイツ軍のイタリア部隊としてその場にいたのがトニー・ジャガーで、戦争が終わったのちの50年代になってから、仲間と共に骨を引き揚げることになる。
 動機は複雑で、〈憐れみの湖〉を訪れるアメリカ人観光客の関心を引こうとしたとか、そのころ本土で死者崇拝熱が高まりつつあったとか、政府が死体の回収されない戦死者に注意を向けるかもしれないという期待だとか、種々の思惑からトニー・ジャガーはこの骨が「売れる」と判断、〈コーサ・ノストラ〉を通し、人骨をアメリカに運び出した。
 結局、骨はしばらくのあいだ肥料会社の倉庫に眠っていたのだが、そこに煙草会社が目をつけて、フィルター用に買い取ったらしい。

 遺産を管理するメツガーに言わせると、ピアスが株を所有していたのは煙草会社そのものではなく、フィルターの開発会社なので、人骨への支払いに責任はない。しかし弁護士ふたりの議論が始まる前に、〈ザ・パラノイド〉の連中が後ろから口を挟む。
“this all has a most bizarre resemblance to that ill, ill Jacobean revenge play we went to last week.”
The Courier's Tragedy,” said Miles, “she's right. The same kind of kinky thing, you know. Bones of lost battalion in lake, fished up, turned into charcoal--” (p48)

《「いまの話、先週見に行った、あの、十七世紀はじめの、ビョーキのビョーキの復讐劇に気味の悪いほど似ていない?」
「『急使の悲劇』か」とマイルズが言った――「そのとおり。同じように異常だよな。消えた軍隊の骨が湖に沈んでいるのを引き揚げて、炭にして――」》p76/p85

 こうしてまた、ひとつの話から別の話へと、つながりが発見される。

…続き

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。