2011/05/05

not卒業


 たぶんおそらく、小学1年生が進級を重ねて中学生になってしまうくらいのあいだ放置していた、トマス・ピンチョン『競売ナンバー49の叫び』(1966)の読書日記を再開しました。→「目次

 このブログを書いている人間は、いまだにピンチョン小学校で留年を続けている感じです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。