2007/02/25

2月のもろもろ

■読売新聞読書欄・町田康がすごいのか、書評されてる本がすごいのか
 http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20070219bk04.htm


■ブログ「黒田硫黄の仕事」から、壁紙が配布されているのを知る
 http://kurodaiou.blog57.fc2.com/blog-entry-33.html

 ほんとに墨の濃淡まで見える。
 さらに、黒田硫黄『セクシーボイスアンドロボ』のドラマ版公式サイト(音が出ます)
 http://www.ntv.co.jp/sexyvoice/

 そうか主演は大後寿々花か…… 誰?


「悪漢と密偵」などによると、3月の新刊がたいへんなことになっている

 ・3/上 『棄ててきた女 アンソロジー/イギリス篇』 若島正編 早川書房 \2,100
 ・3/上 『エソルド座の怪人 アンソロジー/世界篇』 若島正編 早川書房 \2,100
 ・3/15 『アレクサンドリア四重奏(1) ジュスティーヌ』 L・ダレル/高松雄一訳 河出書房新社 \2,100
 ・3/30 『「赤」の誘惑』 蓮實重彦 新潮社 \2,520
 ・3/下 『ゴーレム100』 アルフレッド・ベスター/渡辺佐智江訳 国書刊行会3/下 \2,730

 ちゃんとチェックすれば、毎月、新刊はたいへんなことになっている気もする。『「赤」の誘惑』はたぶんおそらく、フィクションの成立する位相について論じた本じゃないかな。


■「岸本佐知子×豊崎由美トークショー」(@青山ブックセンター青山本店)に行ってきた
 http://www.aoyamabc.co.jp/10/10110/#000216

 開口一番、「今日は、虚飾に塗れた岸本佐知子像を引き剥がし、真の姿を暴くために来ました」みたいなことを宣言する豊崎由美の、言葉は乱暴ながら丁寧なリードで進む爆笑の小1時間。「リディア・デイヴィスを××にすると岸本さんになる」「アンナ・カヴァンを××にすると岸本さんになる」。白水社日記のネタ帳まで披露され、たしかに前回とはちがった意味で面白かった。
「私はいつか、豊崎さんと法廷で会うことになるのではないかと思う」というフレーズ。

 会場で、「ウフ.」という雑誌を入手(“気になる翻訳家・岸本佐知子特集”)。
「私が共感する作家は、“成仏できない子ども霊”みたいな人が多い気がするんです」




ウフ.2007年3月号 ウフ.2007年3月号
(2007/02/15)
マガジンハウス

この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
2007/02/04

爬虫類は「爬」の字が怖い

 あれはどういう関係だったんだろう、それぞれ中学生と大学生くらいの男子がふたりで話しているのを見た。中学生は大学生にいちおう敬語を使っていたから、兄弟ではないと思われる。

中「映画は見ないんですか、映画は」
大「たまに見るけどね。好きなの?」
中「『キング・アーサー』とか『トロイ』とかめちゃ好きですよ。
  そういうの見ないんすか?」
大「ああ、それ系なら『アナコンダ』が面白いよ」
中「それちがうでしょう、おれが好きなのは戦い系なんですよ!」
大「馬鹿お前、『アナコンダ』は戦いだぞ」
中「ち~が~う~ たぶんち~が~う~」

 大人が子供を手玉に取る風情に深く感じ入ったので、帰り道、隣駅のTSUTAYAまで行ってDVDを借りてきた。それでついさっき見終えた私に言えるのはひとつだけ、「アナコンダ」は戦いだ。



アナコンダ Hi-Bit Edition アナコンダ Hi-Bit Edition
ジェニファー・ロペス (2005/07/06)
ポニーキャニオン

この商品の詳細を見る
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。