2004/04/07

その79 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

前回…] [目次


 読むこと=書いてある内容を知ること、と考えると、当たり前だが、小説の読者は、ページが破り取られていたり汚れていたりするのでない限り、小説に書いてあることはぜんぶ知ることができる(理解できないことが書いてあっても、「理解できないことが書いてある」と知ることができる)。
 また、一人称はもちろん、三人称であっても、視点人物が固定されていればいるほど、小説に書かれることは限定されていくので、その視点人物が見聞きして知ること=読者が知ること、というイコールの状態に近づいていくはずである。
 でも、そのような場合はめったになく、視点は複数の人物に動いたり、俯瞰になったりするから、ひとりの登場人物は、たとえ主人公であっても、「小説を読んで読者が知れることぜんぶ」のうちの、一部分しか知っていない。ここから、主人公と読者の知識にズレが生まれる。
(主人公=いちばん登場シーンの多い人物、くらいの意味で使っています)

 作者の側としては、つまり、小説の側としては、「最初の1行からこの時点まででページの上に提示していることのぜんぶ」と、「ここまでで登場人物(おもに主人公)が知りえていること」とのバランスを調整しながら展開を組み立てていくのだろう。
 読者の側としては、「最初の1行からこの時点までを読んで知ったことのぜんぶ」と、「ここまでで登場人物が知っていること」のズレをもとに、緊張なり謎解きなり、この先の展開への暗示なりを受け取りながらページをめくっていくだろう。

 どうしても、主人公よりも読者のほうが知識が多くなる。エディパが「トライステロ」の名を聞くずっと前から、読者はそれを知っていた。
(逆に、たとえば、書かれていない主人公の過去など、「主人公は知っていて、読者は知らないこと」があるように思えるときもあるが、小説に書かれていなければ、そんな過去はないといまは考えるので、やはり読者のほうがよく知れる立場にいる・・・と言い切るのはさすがに無理があるだろうか)

 読者は、主人公の知らないことまで知りえて、今回のはじめに書いたように、“小説に書いてあることはぜんぶ知ることができる”。
 だが、読者の知りえること=小説に書いてあること、であるとしても、読者の知りえること=小説の知っていること、かというと、「まさか、そんなはずがない」ということになる。いや、なぜ当然のように「そんなはずがない」なのか。そもそも、小説の知っていることとは何のことか。

 いま、ここまでを読み返してみてわかるのは、この読書ノートが、Lot 49 という小説を、少しずつ擬人化する方向にもっていこうとしているということだ。擬人化というのが変ならば、「主人公」や「読者」に並ぶものとして、「小説」を対象化しようとしている。
 それが不自然なバイアスなのはまちがいないが、そのような偏った見方をすることでいっそう浮き上がってくるように思えるのが、前々回・前回と繰り返し引用した、『急使の悲劇』が終わりかけた部分で提示されるギャップである。

…続き
2004/04/07

その78 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び

前回…] [目次
 No hallowed skein of stars can ward, I trow,
 Who's once been set his tryst with Trystero.

Trystero. The word hung in the air as the act ended and all lights were for a moment cut; hung in the dark to puzzle Oedipa Maas, but not yet to exert the power over her it was to. (p58)

いかに聖なる星の桛といえども護れない――
 ひとたびトライステロとの出会いを定められた者の運命は

 トライステロ。その言葉は第四幕が終わり、すべての照明が一瞬消えたそのとき、宙に漂った。暗闇に漂ってエディパ・マースを当惑させたが、まだ後日にいたって発揮するほどの力をふるいはしなかった。》p90/p101

 ここでエディパははじめて「トライステロ」という言葉を聞いた。ただしLot 49 でこの語は初登場ではない。
 だってそもそもこの第3章は、冒頭でいきなりこの「トライステロ」という名前を作中に投げ入れて先の展開を強引に予告してしまい、まるで地の文というものの特権をひけらかすようにして小説に方向付けを与えていたのである。
 その力業については「その41」からしばらく書いた。あれは何度読んでも破格の冒頭だと思う。そのときの引用部分だけもういちど。
《Things then did not delay in turning curious. If one object behind her discovery of what she was to label the Tristero System or often only The Tristero (as if it might be something's secret title) were to bring to an end her encapsulation in her tower, then that night's infidelity with Metzger would logically be the starting point for it; logically. (p31)

《それ以後、事態は遅滞なく奇妙な方向へと発展することになった。エディパが〈トライステロ・システム〉あるいは、しばしば単に〈ザ・トライステロ〉と(まるで何かの秘密の暗号であるかのように)呼ぶようになるものを発見した背後に一つの目的があって、それが彼女の塔に幽閉されている状態に終止符を打つことであると想定するならば、あの夜のメツガーとの不倫こそ論理的にはその出発点になると言えよう――論理的には。》p51/p57

 第3章の始まりで押しつけられた「トライステロ」なる言葉を、読者はずっと気にしながら(それは何?)ページをめくっていくことになっていたわけだが、そうやって読み進める小説の主人公であるエディパその人がこの名前に出遭うのは、章の冒頭から27ページもあとになる、と「その43」で書いた。
 それが今回のあたま、『急使の悲劇』のラスト近くで、ジェンナーロという役名の人物がその「トライステロ」なる語を含んだ台詞を発するシーンのことだったのである。
 やっとだよ、というのが率直な感想だが、主人公がここではじめてこの言葉を知った、ということには何度でもおどろいておく意味があると思う。

 Lot 49 というこの小説の地の文は、エディパに寄り沿い探求を実況中継するようなそぶりを見せながら、時おり、このような抜け駆けを行うことで、“この地の文は、つまり小説は、登場人物より多くのことを知っている”という知識の差、越えられない壁を強調するのである。
 あるいは、こうもまとめられるか―― 登場人物は、地の文を読めない。

…続き
2004/04/07

その77 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続きは今回で終わる。

 死せるニコロの懐中で、手紙の文面が書き変わっていた。
 このありえない出来事に対するジェンナーロの感想は、むなしく殺された近衛兵の骨と、同じく、罪なくして殺されたニコロの血が混じり合って「奇跡」が生まれた、というものである。その場の全員が神を讃え、ニコロを哀悼する。
 しかし、ここで観客および読者の受け取りかたはふたつあるはずだ。

・本当に奇跡が起きた
・ニコロを殺した黒衣の集団が手紙を入れ換えた

 奇跡なら、説明はできない。少なくとも、このLot 49 が立脚している現実のレベルでは、奇跡に理由をつけることはできない(というか、作品の基盤になるレベルからは説明できない現象が「奇跡」である)。
 ここはLot 49 のなかでも物語内物語になっており、外枠のLot 49 と内側の『急使の悲劇』では現実の基盤にズレがある、という読み方は採りたくない。
 なんとなれば、何度か書いたように、Lot 49 という小説の中には「『『急使の悲劇』』という劇のあらすじを説明する地の文」のほかに『急使の悲劇』という劇は存在せず、劇を語るその地の文と、「ここまでの(そしてこれからの)エディパの探求を語る地の文」は同じもので、両者にレベルの差はない、と考えて読んでいるからである。こうやって繰り返し自分に言い聞かせる必要があるくらい、すぐに忘れそうになるけれども。

 話を戻して、もし黒衣の集団が細工をしたのなら、それはファッジオ側に真相を教え、彼らを利する行為だから、ニコロ殺しと矛盾するように見える。では何のためだ。
 そして、そんな入れ換え(アンジェロの罪の告発)ができるなら、黒衣の集団は相当な情報網と実行力を持った、おそろしい組織だということにもなるだろう。いったい何者なのか――と妄想したところで、劇中からたいへんな「引用」が来る。
[…]Gennaro ends on a note most desperate, probably for its original audience a real shock, because it names at last the name Angelo did not and Niccolo tried to:

 He that we last as Thurn and Taxis knew
 Now recks no load but the stiletto's Thorn,
 And Tacit lies the gold once-knotted horn.
 No hallowed skein of stars can ward, I trow,
 Who's once been set his tryst with Trystero.

Trystero. The word hung in the air as the act ended and all lights were for a moment cut; hung in the dark to puzzle Oedipa Maas, but not yet to exert the power over her it was to. (p58)

[…]ジェンナーロの最後の言葉の響きはひどく絶望的で、もともとの観客にとって真に衝撃的だったのではなかろうか。なぜならアンジェロが言わず、ニコロが言おうとして死んだ、その名をとうとう言うのだから。

 われらが最期にテュルーンとタクシスとして知っていた者は
 いまや短剣の尖端のほかに主を知らず
 黄金のひとつ輪の喇叭はただ沈黙[しじま]
 いかに聖なる星の桛[かせ]といえども護れない――
 ひとたびトライステロとの出会い[トライスト]を定められた者の運命[さだめ]

 トライステロ。その言葉は第四幕が終わり、すべての照明が一瞬消えたそのとき、宙に漂った。暗闇に漂ってエディパ・マースを当惑させたが、まだ後日にいたって発揮するほどの力をふるいはしなかった。》p90/p101

その72」や「その73」で見たように、あれだけもったいぶって観客からは(そして読者からも)隠されていたのに、ここで落雷のように「トライステロ」の名が登場する。そしてこの登場の仕方がまた曲者である。

…続き
2004/04/07

その76 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。

 次の幕で、ジェンナーロとその軍が湖に到着し、ニコロの死体が発見される
「語るも恐ろしい状態」の亡骸が身につけていた、血まみれの手紙をジェンナーロは読みあげる(ただしここでも、死体そのものは舞台に出てこない)。
 ニコロが運んでいたのはもちろん、スカムリアの悪人公爵アンジェロがジェンナーロに宛てて書いた、言い訳の手紙だったはずである→その69。ところが。
It is no longer the lying document Niccolo read us excerpts from at all, but now miraculousy a long confession by Angelo of all his crimes,[…] (p57)

《それはもはやニコロが一部を観客に読んで聞かせた嘘のかたまりではなく、いまや奇跡によって、アンジェロが自分の犯したあらゆる罪をながながと告白する文面になっている。》p89/p100

 なんと手紙の内容が変わっているのである。しかも手紙は続き――
[…]closing with the revelation of what really happened to the Lost Guard of Faggio. They were -- surprise -- every one massacred by Angelo and thrown in the lake. Later on their bones were fished up again and made into charcoal, and the charcoal into ink, which Angelo, having a dark sense of humor, used in all his subsequent communications with Faggio, the present document included. (p57)

《結びは、ファッジオの〈消えた近衛兵〉にほんとうは何が起こったのかを明らかにする。近衛兵たちは――意外や意外―― 一人残らずアンジェロに虐殺され、湖に捨てられたのだ。のちにその骨は回収されて炭にされ、その炭をインクにし、それをブラック・ユーモア精神の持主であるアンジェロは以後ファッジオとの文通のすべてに用い、現在の手紙も例外ではない。》p89/p100

 ひとつめの引用にあった《いまや奇跡によって》(now miraculousy)と、ふたつめにあった《意外や意外》(surprise)という語り口には、この展開を説明する地の文が、こちらをおちょくっているような気配さえある。
 それはともかく、思い返してみれば、(1)兵隊たちの死体が湖に捨てられて、(2)のちに骨が回収され、(3)骨は炭となって再利用される、という、いま芝居の終盤でようやく明らかになった一連の流れ、これがピアス・インヴェラリティの関わっていた人骨の問題と《気味の悪いほど似て》いると教えられたたがために、エディパはここへ観劇に来ていたのだった。やっとつながった
(→その58その59。まとめると、第二次大戦中にイタリアの湖に沈められたアメリカ兵の骨があり、それが引き揚げられて輸入され、煙草のフィルターになったり、人工湖の底で小道具になったり、という話だった)

…続き
2004/04/07

その75 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。

 ファッジオへ馬を走らせるニコロは、スカムリアとの境にある湖のそばまでやって来ている。ここはかつて、ファッジオの近衛兵が(おそらくはアンジェロの手によって)謎の失踪を遂げた当の場所だ→その68
 よせばいいのに馬から降りたニコロは、アンジェロがファッジオのジェンナーロに宛てて書き、いま自分が運んでいる当の手紙を取り出して読んでみる。
 それでようやく事態の急変を知った彼は、アンジェロの並べた嘘八百を観客に向かって朗読しながら、いま、ついに本物の王子たる自分が故国へ帰るのだ、と胸を熱くする。ところが。
Offstage there is a sound of footpads. Niccolo leaps to his feet, staring up one of the radial aisles, hand frozen on the hilt of his sword. He trembles and can not speak, only stutter, in what may be the shortest line ever written in blank verse: "T-t-t-t-t..." (pp56-7)

《舞台裏で賊のやってくる物音がする。ニコロは跳びあがって、放射状の通路の一つを凝視、手は剣の柄にかけたまま凍りついたようだ。体は震え、口がきけず、どもるだけだが、洩れ出てくる音は、恐らくこれまでに書かれた無韻詩のうちでもっとも短い行であろう――「T・t・t・t・t・・・・・・」というのだ。》p88/pp98-9

 さっきまでのもったいぶった遠回し表現(“儀式化された躊躇”)は何だったのか、と拍子抜けするくらいあっさりと、あやしい者たちが姿を現す。
 ただし、先の場面でだれも口にしなかった(だれもが口にすることを避けた)彼らの名前は、いまここでニコロの口からも、「T」という頭文字が示されただけだ。
As if breaking out of some dream's paralysis, he begins, each step an effort, to retreat. Suddenly, in lithe and terrible silence, with dancers' grace, three figures, long-limbed, effeminate, dressed in black tights, leoards and gloves, black silk hose pulled over their faces, come capering on stage and stop, gazing at him. Their faces behind the stockings are shadowy and deformed. They wait. The lights all go out. (p57)

《まるで夢か何かで体が痺れてしまったかのように、一歩また一歩と、ようやくのことで退きはじめる。ふいに、しなやかな恐るべき静けさで、ダンサーのように優雅に、三人の人影が長い手足で、女性的に、黒いタイツ、レオタード、手袋に黒い絹のストッキングを頭からかぶって、はねまわりながら登場し、動きをとめ、ニコロを凝視する。ストッキングに隠された顔は影に埋もれて歪んでいる。三人は待つ。照明がすべて消える。》p88/p99

 あやしすぎる。そして、垣間見えた彼らの姿はすぐに消えるから、ニコロにとっても、劇場の観客――エディパ――にとっても、そして読者にとっても、はっきり見えなかったという点ではみな同じなのかもしれない。
 じつは今回の引用部分の前に、はっきりこう書いてあった。
We also see Niccolo, in the scene following, for the last time. (p56)

《次の場でニコロも最期を迎える。》p87/p98

 これまで、何人かの人物に対する拷問は舞台上でしつこく演じられていたが→その66、この場面に限っては、思わせぶりな暗転で隠されてしまう。
 起きているのは、いちばんの善玉であるはずのニコロが殺されるという極めて直接的な出来事であるはずなのに、それを表現するやり方は、最も肝心なところをうやむやにするのである。「その70」で引用した、この芝居後半の演出を語るケレン味たっぷりな言葉が思い出される
《ある種のことどもは声に出して語られない》

《ある種の事件は舞台で上演されない》pp85-6/p96

…続き
2004/04/07

その74 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。

 場面はニコロにとっての敵(スカムリア)の宮廷から、味方の側(ファッジオ)に移っている。
 Back to Gennaro and his army. A spy arrives from Squamuglia to tell them Niccolo's on the way. Great rejoicing, in the midst of which Gennalo, who seldom converses, only orates, begs everybody remember that Niccolo is still riding under the Thurn and Taxis colors. The cheering stops. Again, as in Angelo's court, the curious chill creeps in. Everyone onstage (having clearly been directed to do so) becomes aware of a possibility. (p56)

《場面はジェンナーロとその軍隊に戻る。スカムリアからスパイが到着し、ニコロがこちらに向かっていると言う。大歓声が湧き起こるが、そのただなかで、演説する以外はめったに口を開くことのないジェンナーロが、ニコロはいまもテュルーン、タクシス家の旗のもとに駆けているのを忘れないようにと懇願する。歓声がやむ。ふたたびアンジェロの宮廷シーンのように奇妙な冷気が忍びこんでくる。舞台の全員が(あきらかにそのむね監督の指示を受けて)ある可能性を意識しはじめている。》p87/pp97-8

《ニコロはいまもテュルーン、タクシス家の旗のもとに駆けているのを忘れないようにと懇願する。歓声がやむ。》
 どうやら、ニコロの正体が相手にばれていることよりも、彼が大手郵便〈テュルーン、タクシス〉の格好に身を包んでいることのほうが危険であるらしい。
 つまり、騙されていたことに気付いて復讐に燃えるアンジェロは、「じつはファッジオの王子だった、あのニコロという男を殺せ」ではなく、「あのテュルーン、タクシスの郵便配達人であるニコロを殺せ」という命令を発したのじゃないかと考えられる。
〈テュルーン、タクシス家〉の敵、なる存在がいる。
《舞台の全員が[…] ある可能性を意識しはじめている。》という一文で劇中の皆が思い浮かべた「可能性」とは、そのことではないか。

 このへんから、芝居の進行はスピードを増す。あるいは“小説の地の文でなされる、芝居のあらすじ紹介“のスピードが増す、ということかもしれないが、読者にとって、このふたつは同じものだったと繰り返し書いておく。

 まず、アンジェロの宮廷に仕えながら、これまでたびたび策略を駆使してニコロを助けていた、裏切り者のエルコーレが殺される。
 そしてその次は、ニコロも殺されると書いてある。

…続き
2004/04/07

その73 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。
《公爵はわれわれに何も教えてくれない、あるいは教えてはいけないことになっているのだろう。ヴィットリオにどなり散らす言葉は、だれがニコロの跡を追って行かないかについては明白だ。自分の用心棒たちのことを面と向かって、くず、のろま、卑怯者とこきおろすのだから。しかし、それではだれが追って行くのか? ヴィットリオにはわかっている。宮廷の使用人たちはみなスカムリアの制服を着て歩きまわりながら〈意味をこめたまなざし〉を交わし、わかっているのだ。まったく大仕掛けの、内輪の冗談のようなもの。この時代の観客にはわかっていたのだ。アンジェロは知っている。が、言わない。近いところまでは言っても、明らかにはならない――》p86/pp96-7

 だれがニコロを追うのか、明言はされない。ニコロを追う組織の名前は出てこない。しかし、舞台上の人間は全員「わかっている」ことになっているし、当時の観客だって「わかっている」ことを当て込んでこの芝居は書かれている―― 平たく言えばそういうことだ。
 知りたい人間(現代の観客・エディパはここに含まれる)には知らされず、全体が《まったく大仕掛けの、内輪の冗談のようなもの》になっている。ここもおぼえておきたい。
 ではさて、だれがどうやってニコロを追うのか。

・アンジェロの部下で郵便を担当する部門
・大手の郵便組織〈テュルーン、タクシス〉

 このどちらでもない組織が、確かにあるはずなのだ。上述のように、劇中でははっきり語られないので、実際に発されたアンジェロの台詞からヒントを読み取っていくしかない。
《 あの覆面をつけたまま彼を墓に送ろう
 名誉ある名を簒奪しようとして果たせなかった者
 われらは彼の仮面劇を踊ろう、それが真実であるかのように
 遅滞なき復讐を誓って眠ることなき者どもの
 すばやい短剣をあつめよう
 心やさしきニコロが盗んだ名前のかすかなささやきを耳にして
 一瞬たりともひるむことのないように、恐ろしい、卑劣な
 言語に絶する破滅をもたらすために・・・・・・p86/p97

《あの覆面をつけたまま彼を墓に送ろう》というのは、〈テュルーン、タクシス〉の郵便配達員に変装しているニコロを、その覆面をかぶったまま殺してやろう、という意味だろう。ただしアンジェロが直接、手を下すのではない。
 4行め、《遅滞なき復讐を誓って眠ることなき者ども》というのが、だれも名前を口にしない、いわば暗殺者集団のことであるはずだ。
 次の部分にもヒントは続く。

…続き
2004/04/07

その72 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。

 ここから芝居の雰囲気が変わってくる、という。
《そこはかとない冷気のようなもの、ある種の曖昧さが台詞の中に忍びこんでくる》p85/p96

 要は、台詞の性質が変わってくるということらしいのだが、その変化については具体的に書いてあった。書き方は具体的だが、内容は曖昧である。
《これまで、名前を名づけるのは文字どおりか、隠喩としておこなわれていた。しかし、いま、公爵が殺害の命令を下すに当たって、新しい表現形態が取って代わる。一種の儀式化された躊躇とでも呼ぶしかない表現形態である。ある種のことどもは声に出して語られないことが明示される。ある種の事件は舞台で上演されない。》pp85-6/p96*強調は引用者

「名づける」とは、それまで正体不明だった何ものかをその世界に定着させることだろう。もっと言えば、それまで存在していなかったものに安定した輪郭を与え、存在させる行為が「名づけ」である。名前が存在を生む。
 その「名づけ」が、劇中でここまでは《文字どおりか、隠喩としておこなわれていた》という。
 ここであげられている「文字どおり」と「隠喩」のふたつは、“さまざまな名づけ方”の代表例のふたつとしてであって、「文字どおりか、あるいは隠喩(換喩でも提喩でもなく)のどちらかだけによって」というふうに、方法を限定してほかのやり方を排除する含意はないと思う。
 というのは、いまの部分は「ここまでは、どのような方法にせよ、名づけは行なわれていた」という意味のはずだからで、それは続きを読めばわかることだ。

 それがこのあたりから先になると、「新しい表現形態」として「一種の儀式化された躊躇」が導入されるという。いったいどういうことかと思うが、さらに続きを読むと、「実際にあるもの、実際に起きたことに、名を与えるのが躊躇される」=「名づけが留保されるようになる」と、簡単に受け取ってよいようだ。

 何らかの、確かにある(いる)はずの対象への名づけが、行なわれなくなっていく。つまり、その確かにある(いる)はずの存在を劇中に定着させるのを意図的に避けたまま『急使の悲劇』は進むようになり、それをもって、その確かにある(いる)はずの存在を作中に定着させるのを意図的に避けたまま、Lot 49 は進むことになる。
「存在しているはずのものに名前が与えられない」ことになると、次に浮かぶのは「名前が与えられないせいで、存在しているはずのものの存在があやふやになる」事態である。
 どうしてそんなことをするのか? そして何より、そんなふうに存在が曖昧なままにされる対象、曖昧なまま存在する対象とは何なのか? という話に、もちろんなっていくだろう。

 それにしても、この変化のプロセスを語る地の文は、くだくだしく不穏な雰囲気をはらむばかりで、「それってどういうことなの?」という疑問の核心にズバリと答える書き方の正反対であり、まるでこのあたりの文章じたいが「一種の儀式化された躊躇」のもとで綴られているかのようである。
「一種の儀式化された躊躇」を説明する文章が「一種の儀式化された躊躇」をなぞっているのは当然のことだ――とまとめるとき、読む側でレベルの混同が起きていると思うのだが、おそらくこの小説も、こういう混同を燃料にして進んでいる様子がある。

その70」でも少し書いたように、『急使の悲劇』という芝居は、地の文による説明以外には小説の中でかたちを持たないのだから、芝居の持つ特徴について述べる文章が、その芝居と同じ特徴を帯びているというのは、ほとんど同語反復でしかない。
 それだからこそ、その「ほとんど」からわずかにはみ出して見える部分が、こちらを魅了してやまない。その部分とは、これから登場する、確実にこの芝居の登場人物であるはずの者たちなのだけれども。

…続き
2004/04/07

その71 ― ピンチョン Lot 49

The Crying of Lot 49 (Perennial Classics)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。

 詳しく見たい部分を、いちど丸ごと引用しておく。
 It is at about this point in the play, in fact, that things really get peculiar, and a gentle chill, an ambiguity, begins to creep in among the words. Herefore the naming of names has gone on either literally or as metaphor. But now, as the Duke gives his fatal command, a new mode of expression takes over. It can only be called a kind of ritual reluctance. Certain things, it is made clear, will not be spoken aloud; certain events will not be shown onstage; thought it is difficult to imagine, given the excesses of the preceding acts, what these things could possibly be. The Duke does not, perhaps may not, enlighten us. Screaming at Vittorio he is explicit enough about who shall not pursue Niccolo: his own bodyguard he discribes to their faces as vermin, zanies, poltroons. But who then wil the pursuers be? Vittorio knows: every flunky in the court, idling around in their Squamuglia livery and exchanging Significant Looks, knows. It is all a big in-joke. The audience of the time knew. Angelo knows, but doesn't say. As close as he comes does not illuminate:

 Let him that vizard keep unto his grave,
 That vain usurping of an honour'd name;
 We'll dance his masque as if it were the truth,
 Enlist the poniards swift of Those who, sworn
 To punctual vendetta never sleep,
 Lest at the palest whisper of the name
 Sweet Niccolo hath stol'n, one trice be lost
 In bringing down a fell and soulless doom
 Unutterable.... (pp55-6)

《じっさい、芝居のここからなのだ、何もかもほんとうに特異な色を帯びはじめ、そこはかとない冷気のようなもの、ある種の曖昧さが台詞の中に忍びこんでくるのは。これまで、名前を名づけるのは文字どおりか、隠喩としておこなわれていた。しかし、いま、公爵が殺害の命令を下すに当たって、新しい表現形態が取って代わる。一種の儀式化された躊躇とでも呼ぶしかない表現形態である。ある種のことどもは声に出して語られないことが明示される。ある種の事件は舞台で上演されない。もっとも、これまでの幕では過度な描写がつづいたので、いったいそんな部分が残っているのかと、想像するのがむずかしい。公爵はわれわれに何も教えてくれない、あるいは教えてはいけないことになっているのだろう。ヴィットリオにどなり散らす言葉は、だれがニコロの跡を追って行かないかについては明白だ。自分の用心棒たちのことを面と向かって、くず、のろま、卑怯者とこきおろすのだから。しかし、それではだれが追って行くのか? ヴィットリオにはわかっている。宮廷の使用人たちはみなスカムリアの制服を着て歩きまわりながら〈意味をこめたまなざし〉を交わし、わかっているのだ。まったく大仕掛けの、内輪の冗談のようなもの。この時代の観客にはわかっていたのだ。アンジェロは知っている。が、言わない。近いところまでは言っても、明らかにはならない――

 あの覆面をつけたまま彼を墓に送ろう
 名誉ある名を簒奪しようとして果たせなかった者
 われらは彼の仮面劇を踊ろう、それが真実であるかのように
 遅滞なき復讐を誓って眠ることなき者どもの
 すばやい短剣をあつめよう
 心やさしきニコロが盗んだ名前のかすかなささやきを耳にして
 一瞬たりともひるむことのないように、恐ろしい、卑劣な
 言語に絶する破滅をもたらすために・・・・・・pp85-6/pp96-7

 長すぎたので、少しずつ見ていくことにする。

…続き
2004/04/07

その70 ― ピンチョン Lot 49

競売ナンバー49の叫び (ちくま文庫)

前回…] [目次


『急使の悲劇』あらすじの続き。
 Angelo flies into an apoplectic rage, and orders Niccolo's pursuit and destruction. But not by his own men.
 It is at about this point in the play, in fact, that things really get peculiar, and a gentle chill, an ambiguity, begins to creep in among the words. (p55)

《アンジェロは癲癇の発作を起こしたように怒り、ニコロを追って殺せと命じる。ただし彼の部下が手を下すのではない。
 じっさい、芝居のここからなのだ、何もかもほんとうに特異な色を帯びはじめ、そこはかとない冷気のようなもの、ある種の曖昧さが台詞の中に忍びこんでくるのは。》p85/p96

 ここしばらく、そしてこれからもしばらくは、小説の中で登場人物(エディパ、メツガー)が観た芝居の話である。

(1)『急使の悲劇』という劇が、
(2)小説の地の文であらすじにまとめられているのを読み、
(3)さらに短くまとめる

 このノートで書いているのが(3)であり、小説Lot 49 に書いてあるのが(2)である。では(1)はどこにあるか。それは(2)のなかに入っている――ことになっていて、じつは、どこにもない。
 エディパたちの観た実際の芝居は、あちこちをぶつ切りにされ、順序も大幅に組み換えられ、いくつかの台詞の引用部分でだけ原型をとどめているように見える、そんなまとめられたかたちで(2)になっている以外には、小説の中にほかのどんなかたちでも存在していない。どういう役に立つかはわからないにせよ、このことは忘れないようにしておきたい。

 さて、芝居のここから、《何もかもほんとうに特異な色を帯びはじめ》、《ある種の曖昧さが台詞の中に忍びこんでくる》という。
 公爵アンジェロは、郵便の急使ニコロ(正体はファッジオの王子)を殺したい。しかし《彼の部下が手を下すのではない》。
 ということはアンジェロは、部下ならぬ外部の何者かにニコロ殺害を委託する、ということになるわけだ。

・アンジェロの部下で郵便を担当する部門(ヴィットリオ)
・大手の郵便組織〈テュルーン、タクシス〉(ニコロ、ドメニコ)

 このどちらでもない第3の組織が、これからアンジェロによって芝居の中に、つまり小説Lot 49 の中に召喚されるはずである。
 それなのに、ここに続く部分はきわめて面倒な書かれ方になっており、それだからこそ、ゆっくり読んでいかなくてはならない。次回、思い切り長く引用する。

…続き