2019/01/23

2019

nausicaa20190101

 日は昇り、日は落ち、また1年が経って、またナウシカを読んだのでtogetterのまとめを更新しました。

 正月の漫画のナウシカ:2010-2019
 https://togetter.com/li/294814

 ツイッターでつぶやきながら読むのは今年で10回めになる。
 最初に3回ぶんをまとめたとき、何の気なしに自分で《こういうものは10年ぶんくらい重ねて、もっとゴチャゴチャにしないと味が出ないのかもしれない。》と書いたのをわたしはおぼえているのだが(そういう人間だからこういうことをやっているのだが)、本当に10年ぶんを重ねることになろうとは、当時、思ってもいなかった。かといって、そのうちやめちゃうんだろうと予想していたわけでもなかった。何も考えていなかった。もう数年したらツイッターというサービスも下火になって、次の何かに移るんだろうなと思っていたのはおぼえている。自分が思うことなんて、何の当てにもならないものである。
 それにしても、2010年の元日に「これから10年ぶん続けよう」と決心して始めた(なぜ?)り、「これから10回続けるように」と言われて始めた(だれに?)のだったら、まずぜったい、続いていなかったにちがいない。そしてその場合、「続かなくなった」イコール「挫折した」ということになる。
 じっさいには、今年もやった、今年もやった、を繰り返しているうちに10回やっていただけで、目標も計画もない以上、「続けた」「続いている」感じも特にない。だからやめても「挫折」にさえならない。
 何をどうするつもりもない状態で、始まりから結末まですべての展開を知っている漫画を読み直すという作業。それにより1年を惰性で/惰性から始める――でもほんとうにそれだけだったら、いま書いているこの言い訳みたいな文章も必要ないように思うが、自分が思うことなんて、何の当てにもならないものである(2回め)。
 2010年の1月後半、土曜か日曜かの寒い夜、10人くらいで連れ立って高田馬場の駅前の横断歩道を渡っているときに、わざわざ「あのナウシカ実況は面白かった」と声をかけてくれた先輩には、こんなことになってしまって申し訳ない気持でいっぱいだ。

■ リアルタイムで進行していく現実の出来事や、決まった時間で流れていく映像作品はおのずと「実況」を生むけれども、個々人が個々人のペースで読み進めていく小説とか漫画でも、「あたまから順に、えんえんと書いていく」という感想の述べ方も「ある」のじゃないかと思う。自分1人が読むことだって、リアルタイムで現実の出来事なのだから。

■ 毎年、帰省している正月は、実家に置いてある宮崎駿の漫画版『風の谷のナウシカ』(徳間書店)をはじめから終わりまでぜんぶ読み返すことにしている。いつから始めたかも思い出せない、年に一度の恒例行事。2010年からは、読みながら感想をツイートするという誰にも頼まれていない行動に出ており、それでつぶやいてきたこれまでの分を一本に統合するとどんなものになるのかという興味から、自分でまとめてみた。
 最初、2012年までの3年分をひとつにしたときには、いかにもスカスカしていた。それから毎年追加していくうちにどうなったか。

 繰り返しが多くなった。

 いちおう「去年までとは別のことが言えたら言おう」というつもりがないわけではないものの、去年までにつぶやいた分はとっくにおぼえていられない量になっている(ツイートしている最中にこのまとめを確認するようなおそろしいことはしていない)。
 加えて、こちらのほうが深刻だが、同じ自分が同じ漫画を読む以上、どうしても触れたい場面や台詞がたくさんある。あるどころか、増えている。
「風の谷の私が 王蟲の染めてくれた土鬼の服を着て トルメキアの船で出かけるのよ」、「お前が私の死か…」、「ヒヒヒ…スゲエ」。あるいは、「オジルというイヤな奴」、「焼きしめたパン」、「ルンペン剣士」。風の谷を発つナウシカが城を見下ろす。無数の人馬がページの上を縦横無尽に疾駆するサパタの戦闘シーン。清浄の地へ行って帰るルートの不可思議さ。
 こういった自分にとっての名場面・名台詞は、読むたびに何度でも、何かしら言ってしまう。これらに「何か言う」ことが「読み返す」ことなので、これはどうしようもない。
 結果として、多弁なわりに多様ではない、長いけれど深くはないまとめになっている。この漫画への理解が向上したとか、実のある話にはぜんぜんなっていないが、そもそも、そういうことを目指しているわけでもなかったのは上述の通り。
 それでも、同じ人間が同じ漫画を繰り返し読むうちに、「つぶやく感想を持つところとまだ持たないところがある」だとか、「同じところへの感想でも、前とは変わる場合と依然として変わらないままの場合がある」とかいった、自分がひとつの作品を受け取る、その受け取り方にムラができていく、たいていは無自覚なまま起きているのだろう変化の過程をちょっとだけでも写し取れているようで、それは予期していなかった意外な収穫と言えば言えるのかも――と、後付けでいま思った。そのほか思ったことは、その都度ぜんぶ、書き込んである。 (…続き)



風の谷のナウシカ 1 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 11,652

風の谷のナウシカ 2 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 9,496

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 10,795

風の谷のナウシカ 4 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 7,135

風の谷のナウシカ 5 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 12,611

風の谷のナウシカ 6 (アニメージュコミックスワイド判)
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 7,266

風の谷のナウシカ 7
風の谷のナウシカ 7
posted with amazlet at 19.01.23
宮崎 駿
徳間書店
売り上げランキング: 5,849
2010/10/26

つぶやいて読む『逆光』


 10月のあたまから3週間くらいかかって、トマス・ピンチョンの『逆光』(2006)を読んでいました。新潮社「トマス・ピンチョン全小説」の第二弾。
 読んでいるあいだじゅう、ツイッターでえんえんつぶやき続けていた感想をここにまとめてみました。
上巻: その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7

下巻: その8 その9 その10 その11 その12 その13
      その14 その15 その16

びっくりするほど、内容の話をしていません。
紹介も考察も特になく、1回が140字の制限上、引用も控えめで(趣味なのに)、じゃあこれは何かといったら、つまり、日記でした。

★ なお、『逆光』を読んだ/読んでいる方には、訳者である木原善彦さんがツイッター上でおこなわれている“注釈”が無類に面白いはずです。
 1ページに1注釈で、現在進行形。 →こちら

『逆光』を読んでいなくても、この注釈を面白いと感じる方は、きっと『逆光』に(ピンチョン読書に)向いていると思います。


逆光〈上〉 (トマス・ピンチョン全小説)逆光〈上〉 (トマス・ピンチョン全小説)
(2010/09)
トマス ピンチョン

商品詳細を見る

逆光〈下〉 (トマス・ピンチョン全小説)逆光〈下〉 (トマス・ピンチョン全小説)
(2010/09)
トマス ピンチョン

商品詳細を見る
2010/10/24

その16 /10月24日(日)  下巻P797-845


逆光〈上〉 (トマス・ピンチョン全小説) 逆光〈下〉 (トマス・ピンチョン全小説)

前回…] [目次

■ とうとう読み終えた。いやあ、うん。いやあ。

■ 最初は「すごい厚いけど、10日もあれば読めるだろ(おれピンチョン好きだし!)」と考えていたものの、実際には20日以上かかったのでびっくり。そして、もっとゆっくり読んだほうがよかったのかもと思ってる。

■ 読後感はきのう第四部を読み終えたときとあまり変わらないので(うわあ、と声が洩れる)、やはり長篇小説は、終わり方より途中途中の積み重ねがその姿を決めると思うことしきり。本作のような、一本のストーリーに収めない小説ではなおさらだ。

■ 上下巻で計1686ページは文句なく長篇だけど、詰め込まれてる材料は3000ページ分くらいあった印象。圧縮された大量のエピソードがあっちこっちで花開く様子が、最後半に比喩でもって俯瞰的に語られていた(下p792)。がまんできずに自分で言っちゃう感じがして、よかった。

■ 読みながら人名と出来事をメモしてただけなのに、3週間やってたら、ノートを1冊(30枚の薄いやつだけど)書き潰してしまった。貧乏性に発する、しかし贅沢な体験であると強弁したい。上巻・下巻に加えてもう1冊できたかのような。それは言い過ぎだ

■ せっかくなんで(貧乏性)、ノートから拾ってみる。
「何かの修業→超能力」 「名はスキップ、親友になる」 「料理の失敗を熱力学的にフォロー」 「13才で空中ブランコ乗りと結婚」 「町の基幹産業は魂の処理」 「容疑者22人!秘密組織!」 「セフィロトの入れ墨してるキリスト教徒」 「ビクトリア女王の本物は地下世界にいるのでは説」 「超自然的な白馬乗りこなす」 「墓参りで幽霊と話しちゃう」 「路上演劇、誘拐される(←白人奴隷シミュレーション)」 「2、3人を分離して元に戻せてない」 「ラクダ捕獲計画」 「雪崩は鉱山所有者協会だろう」 「移動サロンで温泉めぐり」 「2人、なぜか捕まる」 「オウムに説教される(複屈折・方解石)」 「二次元(地上)→三次元(空)、今度は四次元へ」 「結婚狂の治療で遅れた」 「だれかが、ついにシャンバラを発見したの?」 「時計は一方通行の時間を称揚する装置」 「のちのグルーチョ・マルクスである」 「巡回サーカスの跡地にできた集落」 「100着注文した男」 「まだ終わってないと〈運命〉が告げるので」 「トリエステ到着、“ここはどこ?”」 「〈侵入者〉に会ったという」 「〈時間〉の流れの中に生じた特異点が西フランドル」 「x+iyの虚数的二十面体」 「1660年頃、並像鏡で島から脱出」 「設計者エットーレ・サナンゾーロ」 「その場にとどまろうとする絵の具の慣性を乗り越える」 「モンドラゴン半自動小銃(タンピコ→チアパス)」 「氷州石:地球の速度を結晶化したもの」 「“中国の謎”をパノラマ投影する機械」 「アメリカの歴史はみんな宗教戦争」 「1人で声と伴奏できる(ホーメイの一種)、同時に二つになる方法」 「against the dayって書いてある! 」 「大聖堂で空中浮遊 改心?」 「阻止線=禁止線」 「“光”の暗号名」

 もうやめよう。

■ なにしろこれだけ長いのに、終わりそうになったらまだ終わらないでほしいと思ったくらいなので、しばらく『逆光』から出てこれそうにない。
 というのも、第四部から五部への繋ぎがなあ・・・いや、なんでもない。あれはずるいよ。いやいや、なんでもない。

■ 気に入った人物でいま思い浮かぶのは、リネット・ドーズと、「自分をベルリンの名物菓子だと信じてる男」(実際、焼きたての匂いがするという!)。
 そんな与太話の数かずを通じて、読者が勝手に想像することも作中に組み入れちゃっていいよ、という理路を開いてある小説・・・!!

■ キリがないんで(いまさら)ここで終わり。ひとまず、私は読んだ
 この上下巻を私にくれた友達には、ほんとありがとうでした。

(おわり)

atd2
2010/10/23

その15 /10月23日(土)  下巻P673-795

逆光〈下〉 (トマス・ピンチョン全小説)

前回…] [目次

《それに触るたびに――軽く触っただけでも――声のようなものが聞こえるようになった。
「ここで何をやっているんだ?」とそれは言っているようだった。
「そんなことを聞くために家を離れてこんな遠いところまで来たのかい」》下pp675-6

《一人一人が空を飛ぶために必要な装置を黒い子ヤギ革とニッケル板で体に装着し、おでこには制御盤を見るための小さな電灯を着けた真面目な顔の少女たちは、再集結し、近づいてきた夜に向かって羽ばたいていった。》下p745

■ 下巻のp795まで読んで、第四部「逆光」が終わった。
 後半になるともう、「おいおいおい・・・!」と突っ込みたくなる展開が雪崩を打つ。興奮というより、笑って、それから感無量。
 残る最後の第五部は40ページ足らず。ここまで来ました。

■ 小説が進むにつれ増えたのは、「お、こいつ新キャラだ」とメモ→あとになって、他のことを確認するのにノートをパラパラ→さっきの人名を、ずっと前の別の場面でメモしてたのに目がとまる、というパターン。
 目がとまってもいいのにとまらなかった例も、きっと多くあったにちがいない。

■ これほど分量があり、複数の話が並行して、無数の人物が登場するんだから、「あの人間がここにも出てきた」的再登場は、気付けばうれしいけど気付かなくてもOK(、なので説明してもネタバレにあらず)と私は考えてきたんだけど、修正した方がいいかもしれない。面白いんだもの。

■ 最たる例。上巻p492で別れた二人が、千ページ以上を経過した下巻p683で、間接的・かつ一方的な“再会”を果たす(たぶん果たしてる)場面の奇妙な感激は、小説、それもこういう変な小説でしか味わえない感激だと思った。ひとことで言えば「なんかすげえ・・・」なんだけど。

■ そこから広げて、たとえば、空電の音(下p622)から『V.』を、切手談義(下p668)から『競売』を、下p738の「窓の外」から『重力の虹』を思い出すのにも、少しは意味がある気がする。でもこれは、「だから過去作読んどくべき」ではないので誤解なきよう。読者サービス?

■ 今作、「!」と思ったらあっちこっち読み返し、人物はなるべく見知っておくべきなのかなー(って、ものすごく普通のことだな)。
 自分的には下p679あたりから、何だろう、ある程度片付いたトランプの神経衰弱で、パパパパッとペアができていくかのような展開になるのがカタルシス。

■ ・・・そのカタルシスは、見方によってはもっと前から始まっていたとも言える。で、与太話につぐ与太話、たまにメロドラマ、演説、再び与太話、みたいな長篇を、第四部ラストでまたも与太話(ひみつ道具)で包み込もうとする姿勢と、包み切れなさが、「『逆光』らしさ」なのかも。

■ 何言ってるかさっぱりでしょう。私もです・・・って、まだ読み終えていないんだった。これからどうなるか、わからないんだけど知っている/知っているんだけどわからない。ああ、緊張してきたぞ・・・!
《カメラのためにほほ笑んでいるばかりでなく、声に出して何かを笑っていた――彼女が何に笑っていたのか、彼は思い出そうとしたが、思い出せなかった。ひょっとすると彼が彼女めがけて投げた雪玉が、目に見えない空中にとどまっていたのかもしれない。》下p794

…続き
2010/10/21

その14 /10月21日(木)  下巻P619-672

逆光〈下〉 (トマス・ピンチョン全小説)

前回…] [目次

■ 下p672まで読んだ。
《シプリアンは恐る恐る赤ん坊を受け取った。その軽さは彼の手に容易に収まり、彼の足の方が床から浮き上がりそうなほどだった。しかしそれだけではなく、彼は同じことを以前に何度も経験したことがあるような感覚を覚えた。》下p621
 これがほんとの新登場。

■ ページの上では確実に終わりに近づいているはずなので、いまさら○○が××して△△が□□になる、とか書くのはよした方がいいと思う。
 そう意図しなくても、何がどうなってるか“大筋”をまとめるには、って、イヤイヤ、こういうことを書くのもよした方がいいんだと思う。

■ 視界に収まらないほど大きなことじゃなく、たとえば下p654で懐かしい人物が現れ(まさか二度出るとは)、
《血族による復讐の標的となった人々が、自分の家に軟禁された状態に耐えられなくなり、一緒に村規模の住居を作ることにしたのだ》
というところに、下p161を重ねて笑ったり、
《リーフはかつて、北米分水嶺の西で最もツキのない釣り人として有名だったが、》下p656

この期におよんでそんな設定を出されても ――いや、前にもあったっけ? と探しに行って帰れなくなるなどしているが、それでも、今週中に読み終わると思う。・・・某所には到着するんだろうか。

…続き